ブログ 新聞折込チラシは、何曜日に入れると効果が出やすいの? 理容よもやま話
新聞折込セミオーダーチラシをお作りいただいたお客様からメールが着信。


お世話になります。
○○○の○○です。
新聞折り込みチラシを入れる曜日ですが、日曜、祭日がいいとか、
平日がいいとか、休みの月曜日は避けた方がいい等。
そんなデータとかありますか?
もしあれば教えてくだだい。よろしくお願いします。



20151105_1.jpg
今日の記事とは関係のないサロンです。


そうですよね!せっかくお金をかけて新聞折り込みチラシを入れるなら、
なるべく効果の出やすい曜日に入れたいと思いますよね!


ただ、これには「○曜日に入れると一番効果が出る!」というのは無いし、
折り込みをする地域によっても変わってしまいます。


ただ、実際に新聞折り込みチラシを作り、新聞販売店にお願いをして、
新聞にチラシを織り込んだ結果から見えてきた、経験としてのデータならあります。


まず、週末の土曜日・日曜日は、不動産、大型量販店、パチスロ、スーパーなど、
大手企業によるチラシが大量に入り、新聞自体がかなりのボリュームになります。
そのため、お顔そりのチラシを新聞に折り込みしても、目立ちにくくなります。


また、土曜日、日曜日はダンナも子供も家にいることから、
主婦がのんびりと新聞やチラシを見る暇がなくなり、見逃される可能性が大です。
どうせなら、ダンナが会社に出勤し、子供達が学校へ出かけ、
ようやく主婦が自分の時間を持つことが出来る、
休み明けの平日に、チラシが入るようにするのが良いと思い、
月曜日に入れてもらうよう、お話をして来ました。


そして、定休日の月曜日にチラシを入れるもう一つの理由は、
「チラシが入って気になったから、今日すぐにやってもらいたい!」とか、
「予約せずに、チラシを手に持って、いきなりご来店される」という、
お店にとってあまり好ましくないお客様を、避けたいということです。


この2つの理由から、休み明けに近い定休日に入れることをおすすめしています。
例えば、月曜日休みのサロンなら月曜日に。そして火曜日休みなら火曜日に。


ただ、うちの辺りは月曜日に塾のチラシが大量に入るんです!という、
地域性も合ったりするので、なるべくチラシの数が少ない平日で、
定休日に重なるところで折り込みをしていますが、
今まで、この形でほとんど成功しています。


成功というのは、チラシを入れたあとの電話予約やお問い合わせ数が、
かなりの数、入っているという意味です。
ちなみに、3,000枚のチラシを入れたら、予約と問い合わせが35件あったという、
そんな嬉しい数字も1軒や2軒の理容室ではありません。
それくらいの集客力のあるチラシなので、なるべく効果を出したいですね!


女性お顔そりという商売があることは、まだまだ一般女性に知られていません。
ブログやFacebookで何度も書いていることですが、
価値が伝わっていなければ、それはやっていないのと一緒、
また、そこにお店がないのと一緒なんです。


化粧品を変えても、メニューを変えても、伝えなければ売上は変わりません。
お顔そりの持つ価値を発信し、そのことにふと気づいた女性に、
「自分もお顔そりってやってみたい!」と思ってもらうことが大事なんですね!


まずは、お顔そりの持つ価値をしっかりと発信しつづけましょうね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示