ブログ パーマ剤の1剤、2剤の分離販売がいよいよ始まりました 理容よもやま話
こちらの記事が業界新聞に載ったのが、今年、平成27年9月8日のこと。
ご覧になった方もいらっしゃいますよね?

20151014_1.jpg

記事の一部を書き出してみると、こんな感じです。

これまで第1剤と第2剤のセットで販売されてきたパーマネントウェーブ用剤、
(以下、パーマ剤)だが、昨年12月に出された厚生省課長通知で、
業務用のパーマ剤に限って1剤と2剤を分けて製造販売することの承認申請、
(以下、分離申請)が認められたことから、早ければ今年の9月中旬あるいは、
10月以降には、この分離申請に基づいて承認された商品が市場に出回ることになる。


う~ん、法律用語っぽくて分かりにくいですね!
これを、もう少し分かりやすく説明します。

今まで、コールドパーマ剤、アイロンパーマ剤、ストレートパーマ剤などのうち、
化粧品扱いとなっていたコスメ系の薬剤は1剤、2剤がバラ売りだったのですが、
チオ系とかシス系と言われる、商品の裏に医薬部外品と書かれたパーマ剤は、
1剤と2剤をセットにして製造販売しないと薬事法違反だったのです。

2剤をたっぷりと使うことで、毛髪の酸化処理がしっかり行われると言いながらも、
実際の営業では、2剤が余ってしまい、処分している理美容室がほとんどです。
そんなこともあって、「このパーマ剤は1剤だけ買えないの?」とか、
「余った2液を引き取ってよ!」というお声があったのも事実なんですね(笑)

これからは、1剤、2剤の分離製造販売が認可されたことで、
こうした問題も一気に解決か!というと、それがそんなに簡単でもない。

まず、現在流通している1剤と2剤が組み合わされてセット品になったパーマ剤は、
分離販売、つまり1剤と2剤をバラ売りすることが認められていません。
ということは、今までどおりのセットでしか購入できません。

分離販売するためには、改めて分離販売用として申請許可を得ることが必要ですが、
パーマ剤を発売しているすべてのメーカーが申請するかどうかが分からないので、
現状では、 セット品と分離販売品が両方流通することになります。

当社でも、一部のパーマ剤がすでに1剤、2剤分離販売品で入荷してきているので、
こちらをご注文していただく際には「1剤と2剤は何本ずつお届けしますか?」という、
そんなご注文の受け方に変わってきています。

流通在庫につきましては、メーカー倉庫からディーラー在庫まで様々なので、
いつの時点で完全に切り替わるということも分かりませんが、
とりあえず近いうちに、パーマ剤は1剤と2剤が別売りで買えるようになるとだけ、
何となく、頭の中に入れておいてくださいね!

また、お使いのパーマ剤がいつから分離販売品になるかにつきましては、
お取引のディーラー様へお問い合わせいただけますよう、お願いいたします♪

理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示