ブログ 前シャンプーの時に、床が濡れてお困りになっているという方へ! 理容よもやま話
実は、前かがみシャンプーをするお店で密かな人気商品となっているのが、
こちらの不思議な形をしたシャンプークロスなんですね!


20151010_1.jpg


前シャンプー用のシャンプークロスなのに、バックシャンプークロスに付いている、
半透明なビニールのベロのような部品が付いているんです。
これは本来、バックシャンプーの時にえり元から水が垂れるのを防ぐために、
シャンプーボールの中に落としこむようにして使うものなんですね!


前シャンプーで洗う時は、お客様がシャンプー台まで顔を出して屈んでくれるので、
流したお湯はシャンプーボールの中に直接流れていくものです。
ところが、ご年配になってくると、この姿勢が辛いんですね~。


「前にお願いします♪」とお声掛けをしても、前に少しだけ傾いたくらいで、
頭がシャンプー台から浮いてしまう方がいらっしゃいます。
それ以上、前かがみをお願いすると、痛がるのでそのまま洗うと、
流したお湯がお客様の足元の床にビシャビシャと(汗)


それじゃ、バックシャンプーにすれば?というお声もあるのですが、
こうしたお客様は、また背中を伸ばすのも辛いとおっしゃられるんです。


他にもメタボちっくで、お腹にボリュームのある方であったり、
また、ギックリ腰をされたり、腰痛をお持ちの方なんかも、前かがみ姿勢は辛いもの。


そこで開発されたのが、トレイ付きシャンプークロス。
お客様に前かがみになっていただき、顔がシャンプー台から浮いていても、
このビニールベロがシャンプーボールに入っていれば、
シャワーで流したお湯は、しっかりとボールの中へ流れていってくれます。


実は最初、前シャンプー用クロスをお客様に巻いてから、
バックシャンプー用クロスを、前後反対、つまりベロが前に出るようにして、
巻きつけてあげると、こんな形になるので、それで代用していたお店のあったけど、
バックシャンプークロスの首周りに余裕が無いので、
お客様の首元がギュッ!と締まり、首が苦しくなってしまうのがお悩みでした。


こちらは、本体のシャンプークロスサイズが、116cm×150cmとたっぷりしていて、
ビニールトレイ部分は、56cm×56cmとこちらもゆったりサイズ。
さらには、メタボなお客様でも首周りがきつくないように、
標準サイズの52cmより5cm余裕を持った、57cmで作られているのが嬉しい!


また、シャンプークロス自体も、シルバーウレタンコーティングの強力防水加工なので、
万が一、お湯がクロスの上を流れても、お客様のお召し物を、濡らす心配はありません♪


毎日使うものではありませんが、1枚準備しておくと安心な商品ですね!


なお、詳しい価格などは、Facebookメッセンジャー、LINEトーク、
ブログのサイドバーにあるメールフォームから、お気軽にお問い合わせくださいませ♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
こんばんわ!流しの形状やお客様の曲がる角度によってはベロが届かないのではないですか?
No title
>名無しさん

こちらは数年前より販売されていますが、
タカラベルモント、新明和、TOTOといった理容室で使われている、
一般的なシャンプーボールのサロンで、使えないと言われたものは、
今のところお聞き気していません。

また、床を濡らしてしまうようなシャンプーの姿勢の方へクロスなので、
その程度の屈み方への方に使うことを前提にしています。

管理者のみに表示