ブログ POPやA型看板など、集客に使えるヒントは町の中にもあるんです 理容よもやま話
世の中はシルバーウィークで長期連休に入っているので、
今日は、街中で見つけた、POPやA型看板に使えるキャッチコピーなど、
使える情報のヒントをご紹介しますね!


まずは、ちょっと古めの商店街にある、個人商店の酒屋さん。
ビールや焼酎、お酒はどこで買うとというと、買い物ついでにスーパーか、
もしくはチェーン店の格安酒店などになることが多いけど、
お客様は、何となくいつものビール、いつもの焼酎を買っているものです。
そんな時に、入り口にこんなA型看板があったらどうでしょうか?


20150920_1.jpg


今月のおすすめは?

むし暑い日が続きます。毎日お仕事や家事おつかれさまです。
1日の終わり、晩しゃくはやり「ビール」でしょうか?実は私もそうなんですが、
飲んだらビールよりもおいしい!と感じた「日本酒」がありました。
その名前は…「かるくいっぱい」
発泡したシュワシュワのにごり酒、キリッ!と冷えてあなたを待っています。

店主 中沢


いかがですか?
何となくビールでも飲もうかな?と思っていたけど、
こんな看板を見たら、発泡したシュワシュワのにごり酒、気になりますよね(笑)


また、こちらは海辺近くの商店街にあった漁師めしの店。
昼は定食が中心で、店外にお客様が10人以上並んでしまうほどの大人気!


20150920_2.jpg


ここの筆文字で書かれたPOPが面白く、料理が出てくるまでに全部読んだ(笑)


お客様へ
この時計はあてになりません。店長と同じくらいあてになりません。
自分を信じてください。

イカの塩辛…オーダー率80%超え!
いか丸ごと海賊(パイレーツ)焼き…相棒はご飯です。
ちんちん揚げ…男性でも女性でもニューハーフでも注文できます
だし巻き玉子…本当は注文してほしくない、そんなに食べたいですか?
磯のサザエの片思い…かわいどうだから、2コ注文してあげて(壺焼きです)
黒はんペンフライ…自家製ではありませn


そして、同じものでも見せ方で価値の変わる売り方の一例。


こちらは東京-下田間を走る特急列車スーパービュー踊り子号の、
座席の背もたれに入っているメニュー。


20150920_4.jpg


アサヒプレミアム生ビール熟撰 550円
ビール 280円~


価格にして2倍の差、もちろん熟撰とそうでないものの違いはあるけれど、
これなら、280円のビールを頼もうか?と思うところだけど、
この列車、車内販売のお姉さんは、ワゴンに生ビールサーバーを積んでいる(汗)


20150920_3.jpg


「写真を撮って、SNSに載せても良いですか?」とお声をかけたら、
ステキな笑顔を見せてくれた美人販売員さんでした♪


もちろん、スーパービュー踊り子には、車内販売の車両もあり、
そこでも同じ生ビールを同じ550円で注文することは出来るけれど、
笑顔のステキな女性が、生ビールサーバーをワゴンに積んで目の前に来たら、
思わず、その場で注いでもらいたくなりますよね(笑)


これが同じ商品でも、伝え方を変えることで価値を大きく高めている一例。
ねっ!街中には、こんな感じで仕事に役立つことがいっぱいあります。
「自分の仕事だったらどう活かせるかな?」と考えてみると、楽しいですよね!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示