ブログ お客様はどんなに満足しても、忘れてしまうのです。忘れられないためには? 理容よもやま話
最近、○○さん、ブログ更新してないけど、何かあったのですか?
私からは連絡していないけど、ちょっと気になってます。



ご注文の際に、女性理容師さんから思い出したように質問されたけど、
そういえば、○○さんのブログ、ここしばらく新しい記事を見てないな。
そう思って、ブログを見に行ったら、最後の更新が2ヶ月半前で止まっている!(汗)


日頃○○さんとは、LINEトークやFacebookメッセンジャーでやり取りしていたから、
特に感じていなかったけど、直接連絡を取らない方からすると、
ブログの更新が止まっていると、心配になってしまうんでしょうね!


集客のお話をするときに、まずはのぼり旗やポスター、A型看板など、
店頭情報での近距離の方に向けた集客をし、
次は中距離型で、郵便局やスポーツクラブ等にチラシを置かせてもらったり、
新聞折込チラシを使うことで、半径500mくらいの範囲への集客を行っていく。


そして、ブログやFacebookといったウェブを活用することで、
距離に関係なく、長距離のお客様にも集客の幅を広げていくというお話をするけど、
実はこのウェブ、その効果は新規集客だけじゃないんですね!


それ以上に効果的なのが、お客様にお店を思い出してもらうという効果。
最近では「お客様は関係性の深いお店での買い物を優先する」という言葉があるけど、
お客様に思い出してもらえないと、それはお店が存在しないのと一緒なんです。



例えば、実家の両親が来ることになったから、どこかに食事に行こうと!という時、
もし、焼肉屋さんに行くとしたら、行きたいお店が何軒くらい頭の中に浮かびますか?


3軒くらい?5軒くらい?


まず、この思い出す中に入らなかったら、お店を選んでもらえないことになります。


ところが、お客様とFacebookで友だちになり、お互いの投稿を読み、
お互いの投稿に「イイね!」をしあったり、コメントをつけたりする。
また、Facebookでブログの更新がお知らせされて、そのブログを読むことで、
お店のあり方であったり、お肉に対するこだわりだったり、新人スタッフのことなど、
いろいろな事を日頃から知ることが出来たとしたら、どうでしょう?


先ほどお話した、思い出す焼肉屋さんの一番に上がってきませんか?(笑)


今の時代、TwitterにしてもFacebookにしても、
こちらから読みに行くという形でなく、タイムラインを読んでいるだけで、
投稿が読めたり、ブログの更新を知ることが出来て、リンク先に飛べたりします。
つまり、こちらから「新しい記事はあるかな?」と読みに行かなくても、
ブログは読めるようになってきているのです。


だからこそ、TwitterやFacebookにブログ更新をお知らせすることが大切だし、
お店を忘れないようにしてもらうためにも、一度ご来店いただいたお客様とは、
関係性をキープすることが大事なんですね♪


そういえば、今日もこんなお話がありました。


お取引先に伺って、11/30に行われる「理容まつりin浅草」の話をして、
パンフレットは10月になってからのお届けだけど、
まずは、日程の確保だけしようとお話を始めたところで…


「それ、Facebookで何度も見たから、カレンダーに書いてあるわよ♪」って(汗)


こちらからお声掛けする前に、Facebookでの情報発信で頭に入っていたらしい。
訪問回数に関係なく、Facebookの投稿やブログ記事を読んでいることで、
本人の頭のなかでは、もう理容まつりに行くことを決めているらしい(笑)


ということで、新規集客だけでなく、再来店率を高めるためにも、
そして、お客様との関係を深め、一番最初に自店を思い出してもらうために、
お客様との関係性を強めるFacebookやブログ、もっと上手に利用したいですね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示