ブログ ポイントメイククレンジングとクレンジングジェルの働きの違い 理容よもやま話
「お顔そり美容法を始めたいんです!」
そんな言葉をいただいときから、お付き合いが始まる新規の理容室様。
そんな方々が最初に迷うのが、クレンジング剤が2種類あることなんですね!


すでにお顔そり美容法を取り入れている方には当たり前の話だけど、
「使ったことはないけど、実は気になっていて…」という女性理容師さんに、
2つのクレンジング剤の違いを、簡単にご紹介しておきますね♪


まずは、F22ポイントメイククレンジング。


20150910_1.jpg


F22ポイントメイククレンジングで基本となるのは、
お肌が新陳代謝する上でとても大切だと言われているミネラルが豊富で、
さらに、水分子が深海の圧力で微細になっている日本一の深海、
久米島の海洋深層水をベースとした100%ピュアなお水と、
赤ワインの34倍のポリフェノールが含まれていて、
その抗酸化作用や、保湿効果、リラックス作用を持つと言われている、
月桃(げっとう)の葉部分から抽出されたハーブ水なんです。


これら海洋深層水と月桃葉水から作られた、
拭きとりタイプのクレンジングローションがF22ポイントメイククレンジング。


植物性トリプルクレンジング成分の働きのおかげで、
お肌に優しく、アイライン、マスカラ、そして口紅といったポイントメイクを、
すっきり、そして優しく取り除き、皮膚に潤いを残してくれます♪


さらには、防腐剤代わりに配合されることの多いアルコールを排除、
その代わりに保湿、抗酸化作用、静菌作用を持つローズマリー葉エキスを配合し、
さらには、若干のとろみを持たせることで、目に入りにくい処方となっています。


ほら、たまに「クレンジングが目に染みるっ!」って言いますよね(笑)


そして、もう一つがF22クレンジングジェル。


20150910_12



F22クレンジングジェルは、水と油の両方に馴染む成分で皮膚の汚れを落とし、
リンパの排出を助け、筋肉を優しくほぐすマッサージ効果を持ち、
そして、お肌の温度を上げ、皮膚を柔らかくすることで、
お顔そりに適したお肌にする効果が高いと言われている優れものなんです。


そして、クレンジングのもう一つの働きがヒーリング効果。
お顔そりを初めて体験されるお客様の心のなかは、不安でいっぱいです。
当然、お肌の筋肉にも緊張が残っています。


そこに、リンパの流れや筋肉の方向に沿った優しいクレンジングを行うことで、
お肌の緊張を解きほぐすと同時に、心の緊張もほぐしてあげることで、
さらにお顔そりに適した柔らかい、筋肉と皮膚にするお手伝いが出来るんです。
こうしたことから言われているのが、
「クレンジングを制するものは、お顔そりを制する」という言葉。


いかがでしょう?
クレンジングは単にメイクやお肌の汚れを浮き上がらせて取り除くだけでなく、
お顔そりをするための大切な準備運動なのです。


順番通りに指を動かすだけでなく、
「ここのリンパをこっちに流して…」「この筋肉をほぐして…」と、
自分の指が今、何のために動いているのかを意識すると、
あなたのお顔そり美容法のレベルも一段上がって行きますよ♪


だって、お顔そり美容法の達人ともなると、
お客様のお顔が、こんな風に見えるらしいし…(爆)


20150910_3.jpg
こちらの画像には著作権があります。無断使用はご遠慮ください。



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示