ブログ 言葉で伝える前に、目で伝えよう! 理容よもやま話
「POPを作りたいんだけど、パソコンが苦手でうまく作れなくて…」と、
POPを作らない理由を一所懸命に説明する人がいるけど、
本当は、パソコンよりも手書きで作ったほうが目を引くのでオススメなんです。


例えば、こちらのサロンは女性お一人で小さなお店。
ヘッドスパを導入したばかりで、とりあえずお客様にメニューを知らせたいから、
講習会でもらった勉強会資料を置いて、手書き文字でPOPを作成。


20150904_1.jpg


飾った途端に、次のお客様がヘッドスパをオーダー♪
かと思えば、こちらはコピー用紙にサササッとそのままのことを書いて、
クリアファイルに挟んで鏡の横に飾っただけで、
女性のお顔そりはもちろんのこと、男性のお客様まで次回予約をしていく。


20150904_2.jpg


また、先日メールで送られてきたのはこんな言葉。


私、喋り苦手なんです…
そこで昨日、レジ前に「お顔そり美容法、次回予約できます!」とPOPをはったら、
お顔そりのお客様が、即!予約して帰られました(^-^; ビックリです!



皆さん、言葉で伝えようと思っているから難しいのであって、
決して、上手な可愛いPOPである必要はないので、
シンプルに伝えたいことを、しっかりとお伝えするPOPを貼れば、
お客様は気づいてくれるものなのです。


こちらは、スタッフが寿退社されたことで、平日でも予約が取りにくくなり、
お店の優良顧客が離れることを心配したサロンからの相談で、
私がチャチャチャっと、文字だけで作った簡単POP。


20150904_3.jpg


これでも、お客様はお帰りの際に、しっかりと次回予約をしてくださるんです。


お客様に言葉で伝えようと思うのはもちろん大切なことだけど、
まずは目で知らせて、そのPOPを見ている目線を感じたら、
そこで初めて、言葉で説明をすると、効果が高くなるんですね!


これはお知らせはもちろんのことだけど、おすすめメニューも一緒です!
POPを作らない理由を一所懸命に説明せずに、
まずはシンプルな言葉だけで良いので、伝えたいことを書いてみてくださいね!


お客様に伝わることが分かると、もっと良いPOPを作りたくなりますよ(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示