ブログ ヘッドスパにスカルプドライヤーを加えるオプションは良さそう! 理容よもやま話
頭皮をケアするドライヤーとして話題になっているスカルプドライヤー。


20150828_0.jpg


早い時期に導入されたサロンが、ヘッドスパメニューのオプションにしたところ、
かなりの確率で、こちらを選ばれる方が多いのだとか!
ということで、自分でもさっそく営業サンプルをお借りしてみました。


20150828_1.jpg


ドライヤーというより、ずんぐりムックリしていて不思議な形。
普通のドライヤーと大きく違うのは、遠赤外線と振動機能を搭載しているということ。


先端のアタッチメントは2種類付いていて、1本1本の突起がやや太めで、
それぞれの間隔の広いものと、突起が細めで、目の詰まったもの。
両方試してみると…自分は突起が太めの方が、やられた感があっていいな~。


20150828_2.jpg


20150828_3.jpg


さて、このドライヤーの使用方法です。
まず、シャンプー・トリートメントが終わり、タオルドライまでしたところで、
まずは「スカルプH」モードで振動+42℃温風で頭皮ケアを3分間行います。
ちょうど湯船に浸かっているような温度で、頭皮がホンワリ暖かくなるし、
適度な振動が頭皮を揺すってくれているから、血行まで良くなっている感じ!


この時は振動でドライヤーが浮き狩りやすいので、横に付いているフックを、
人差し指と中指で挟みこむようにして、ホールドするのが良さそう♪


20150828_5.jpg


3分間のスカルプHモードが終わったら、次は育毛剤を塗布。
頭皮全体への塗布が終わったら、頭皮を動かすような指でのマッサージを3分行い、
スカルプドライヤーを「スカルプCモード」にして、
振動+涼風で育毛剤の有効成分の浸透をサポート
すると、
ただ育毛剤を付けるのと比べて、50%も浸透量が増加という検証結果に!(驚)


その後は、ケアした頭皮や髪をケアするためにセット用ノズルに差し替え、
「DRYモード」にして、頭皮と髪を乾かしていきます。


20150828_6.jpg


この時、一般的なドライヤーは髪に当てる距離で約80度という温度なのに対して、
遠赤外線を使っていることから、頭皮や髪に負担をかけずに済む、
60度というやや低めの温度で、髪を優しく、そしてしっかりドライ出来るんですね♪


これらのモードの切り替えは、こちらのスイッチで行ってください。


20150828_4.jpg


ご紹介した理容室では、ヘッドスパメニューをカット+2,000円(税別)にしていて、
男性の30%以上のお客様がこちらのコースを選ばれていたのですが、
さらに、このスカルプドライヤーによる育毛オプションは+1,000円(税別)ながら、
ほとんどの方がこちらのコースにアップグレードされたのだとか!


おかげさまで、店販品として育毛剤をお求めいただける方も増えたようだし、
また、女性のお顔そりでご来店いただいている方も、
お顔そり+ヘッドスパ+育毛オプションを選ばれるようになったそうです。


男性にも女性にも人気のスパメニューに、育毛オプションを加えてみませんか?
単価も上がるし、フルサービスサロンでしか出来ないメニューなので、
お客様の再来店率も上がることが期待できますね!


なお、スカルプドライヤーの価格は18,000円(税別)となっています。
詳しいことや、サロンでの成功事例などは、お取引のディーラー様にお尋ねになってくださいね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんなドライヤーがあるんですねぇ
元美容師魂をくすぐる商品ですねw
参考になりました♪
Re: No title
ドライヤーの形はしていますが、
実態は育毛補助機器という雰囲気ですね!

管理者のみに表示