ブログ 女性理容師のための経営セミナーは大盛り上がり! 理容よもやま話
募集開始から3日で満員になった人気の「女性理容師のための経営セミナー」が、
いよいよ開催されるというので、会場の全理連ビル会議室へお出かけしてみました。
会場の中は女子・女子・女子…60名の参加者のうち、メンズは4人くらい(汗)


20150825_1.jpg


今回、新しい取組として用意されたのが、お顔そり美容法でメイン商材となる、
F22化粧品シリーズの開発コンセプト、原料や製造方法など、
普段はなかなか聞くことの出来ない話を製造メーカーの社員から説明を受ける。


20150825_2.jpg


20150825_3.jpg


20150825_4.jpg


F22化粧品シリーズが特に大切にしているのが、3つのポイントで、
一つはカミソリで老化角質を優しく丁寧に取り除くピーリングを行うので、
その上、化粧品に酵素やフルーツ酸といったピーリング剤が入ってしまうと、
ダブルピーリングになりお肌への負担も多くなるので、
こうした原料や刺激となるエタノールを極力使わないと言った、
お肌に優しい処方になっているということ。


2つ目が「鎮静」「修復」「保湿」「保護」の考え方。
そして、3つ目が整体や皮膚ストレスを軽減するための、
アロマコロジーとリラクゼーションと言った癒やしコスメの効果。


こうした考え方を基本にして、すべての化粧品が開発されているんですね!
自分も敏感肌で、荒れやすい肌だから実際に使っていて感じるけど、
毎日使い続けていると、肌トラブルが起きにくくなってくるようで、
以前は季節の変わり目ごとに、皮膚科でステロイド系の塗り薬を処方されたけど、
ここ2年ほど、皮膚科のお世話になってないです♪


さてさて、化粧品勉強の後は、お顔そり美容法に取り組む女性理容師さんによる、
ゼロからの集客の推移と、途中の問題点の解決方法などが紹介されていく。


20150825_6.jpg


中村さんが自身の数字を見て指摘したのは、毎月の既存客が増えていかないこと。


20150825_7.jpg


お顔そりはリピーター商売です。
お顔そりを気に入ってくださったお客様は、本来なら少しずつ増えていくはずなのに、
この数字が伸びていかないことに気づき、原因を調べ、
「28日ごとにお顔そりをすることがどうして大切なのか?」をお伝えすることで、
お客様の再来店率が上がり、今年に入ってから客数が増えているというのも納得。


20150825_8.jpg


20150825_9.jpg


また、山内さんも、ご自分の数字をしっかりと把握している。
彼女の場合、お顔そり美容法を始めるまでは、1年間に数人のお顔そりというほど、
まったくのゼロからの集客スタートだったけど、
この1年半で60名近くまで伸びてきているし、まだまだ伸びていくでしょう。


20150825_10.jpg


20150825_11.jpg


彼女が力を入れたのも、中村さんと同じく1ヶ月以内の再来店を増やすこと。
こちらが再来店期間別にお客様を調べた数字の表。


20150825_12.jpg


着実に1ヶ月以内の再来店が増えているのが分かりますよね?
お顔そり美容法を始めて間もない女性理容師さんは、
客数がなかか増えていかないことに不安を感じている方が多いけど、
山内さんの資料を見ても分かるように、数字が伸び始めるのは半年以上先なんです。
だから、大切なことは「集客を諦めないこと」諦めたら、そこで終わりですから(汗)


そして最後は、スマイルフェイス篭島社長による、
理容椅子一台で売上100万円を稼ぐための方法の具体的な説明。


20150825_13.jpg


私がお顔そり美容法を本格的にオススメするようになってから1年半ほどだけど、
実際、多くの女性理容師さんが月に30名、50名、70名と集客してきています。
まだたった1年半なんです。この頑張りを続ければ、結果は必ず付いてきます。


大事なのは、行き詰まったら「やったことのある人」に相談することです。
そのためには、頑張っている仲間を増やすこと、頑張っている人と仲良くなることです。


ということで、セミナー終了後は、ご希望の方を募ってビアガーデンパーティー!


20150825_14.jpg


飲みながらも、話題はお顔そりのことばかり。初対面の方々は名刺交換して、
その後はFacebookお友だちリクエスト、そしてお顔そりの輪が広がっていきます。
最後の集合写真を撮る頃には、みんな仲間です♪


20150825_15.jpg


来年のビアガーデンの頃には、100名突破サロンがバンバン出来ていたりしてね(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
講習会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示