ブログ リアルCCクリームって便利かも?! 理容よもやま話
ここに来て、お取引先の女性理容師さんから注文が増えているのが、リアルCCクリーム。
「えっ?BBクリームでしょ?」って聞かれるんだけど、CCクリームなんです。
「BB」の次だから「CC」という人がいるので簡単なお勉強を(笑)


BBクリームは、オールインワンの化粧下地クリームと思われているけど、
実際には医療用として開発されたもので、「BB」の語源は、
ブレミッシュ(欠点・傷)を補うクリームという意味なんですね!


元々は、ピーリングなどの皮膚に関する手術などで刺激を受けた肌を鎮静し、
保護するための目的で作られたクリームで、その後、保湿機能や再生機能に注目し、
下地としてもファンデーションとしても使えるメーク商品に展開されていきました。


その後、BBクリームの人気を受けた化粧品会社が独自に開発を勧め、
メークすることをはじめから考えて作ったのがCCクリーム。
肌をカバーする補修力のあるBBクリームに比べて、ベタ塗り感を抑え、
自然な肌質に仕上がるのが特徴なんですね!つまり自然で使いやすいってことです。


では、BBクリームとCCクリームがどう違うのかというと、
BBクリームは、ピーリングなどの美容施術後の肌の炎症を抑えながら、
肌を紫外線から守ったり、傷跡をカバーするために作られたものなので、
肌の欠点をしっかりカバーするため、マットに仕上げるパウダーが入っており、
どうしても「しっかり塗っている感」が残ってしまうため、
ナチュラルな仕上げには向きにくいものでした。


一方、CCクリームは、色補正で肌の欠点を周囲の肌となじませながら、
お肌の色をトーンアップしてくれ、さらに肌を潤わせ、滑らかにし、しわを防ぎ、
簡単に言うと、潤い効果のある美容液に、色補正効果を加えたような便利なもの。
そのため、すっぴんのような、ナチュラルな肌に仕上るので、
ファンデーションとしても使いやすいものになっています。


そこでさっそくメーカーに問い合わせて、資料とテスターを取り寄せてみました。


20150804_1.jpg


もちろん、50代半ばのおっさんの手で、さっそくテスト!


20150804_2.jpg


お肌が自然な感じで明るくなって、肌の色が整っているのがわかります?
リアルのCCクリームは、お肌を均一に整え、健やかに見せる肌色補正効果があり、
クリームの75%がヒアルロン酸やグリセリンといった美容液成分でできているので、
スキンケア効果も高く、さらにUVカットもSPF30、PA++と真夏以外には十分!


使い方は、米粒1~2粒程度を取り、
指かスポンジでお顔の中心から外側に向かって、
お顔全体にムラなく馴染ませてくださいね。
目元や鼻、口元、生え際などは軽くぼかすように伸ばしてください。
小じわが気になる部分には、付けすぎるとかえって目立ちやすくなるので、
特に薄~く伸ばすのがポイントだったりします(笑)


また、ものすごく伸びるので、出し過ぎると余ってしまうのが注意点。
だからこそ、20g入りと小さいのに、320回も使えるというお買い得感なんですね!


パウダーコーナーにこちらのCCクリームをテスターとして1本置き、
お顔そり後のセルフメイクの際に、お客様に一言オススメくださいね!


そのCCクリーム、肌色補正効果のある自然な仕上がり感なのでお試しください。
日焼け止め効果もあるし、中身の75%が美容液成分なのでお顔そりの後も安心です。
それに、すごく伸びるので、米粒1~2粒くらいで十分ですよ♪


------------------------------
リアルCCクリーム 20g入り
メーカー希望小売価格 2,400円(税別)
------------------------------



ご注文時にお声かけいただければ、
こちらのパンフレット、リーフレットも一緒にお届けいたします。


パンフレット
20150804_3.jpg

リーフレット
20150804_4.jpg



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示