ブログ お顔そりメニュー切り替えについてのご相談 理容よもやま話
新しく、お顔そり美容法を取り入れることになった女性理容師さんから、
今までのメニューのお客様についてのご相談がありました。


今度、お顔そり美容法に取り組んでいくのですが、
今までやっていたお顔そりのお客様からも月に5~6人はいらっしゃって、
手順も内容も化粧品も変わってしまうし、えり剃りも別メニューですよね?
うまくお話出来ないような気がしているんです。



20150721_1.jpg


うんうん、こうしたご心配は、どこのお店でもあることです。
それに、今まで使っていた化粧品だってムダにしたくないですよね?


まず一番最初に考えなくてはいけないのが、
何のためにお顔そり美容法に取り組むことにしたのか?ということ。
ほとんどの女性理容師さんの場合、お顔そりをもっと広めたいから、
そして、もっとお客様を増やしたいからだと思うんです。


ですから、今までご来店いただいているお客様のメニューを、
お顔そり美容法に変えるだけでは、お客様は広がっていきません。
新しいお客様を集客していくことが必要なんです。


そこで、今までのメニューはとりあえず裏メニューとします。
そして、店頭での「のぼり旗」、「ポスター」、「A型看板」、「チラシ」では、
お顔そり美容法1本で集客し続けていきます。
つまり、新規のお客様はすべて「お顔そり美容法」、そして今までのお客様には、
今までのメニューも出来ますし、新しく取り入れたお顔そり美容法も出来ますと話し、
そのメニューの違いを分かりやすく伝えていきます。


例えば…


今までのお顔そりは、うぶ毛を剃ることを目的としていましたが、
新しく取り入れたお顔そり美容法では、うぶ毛剃りはもちろんですが、
お肌の表面に溜まっている老化角質を優しく丁寧に取り去ることで、
お肌の新陳代謝を正常に近づけるお手伝いをしたり、
リンパの流れや筋肉の方向に沿ったカミソリ走行によって、
お肌の老廃物を流し出す働きを持つ、お肌のための美容法なんです。


そのため、28日と言われるお肌のターンオーバーに合わせて続けることで、
お肌がどんどん良くなっていくのを感じられますよ!
また、今回のものは美容法なので、お顔だけが基本コースになります。
もちろん、えり足をされる場合は、別料金にはなりますが、
お顔そり美容法と同じ化粧品、同じ工程でえり足の美容法を行います。


といった説明を丁寧にしてあげることで、
今までのコースから、お顔そり美容法に変えたいというお客様も出てきます。


あと、「お顔そり美容法はいくらくらいが良いですか?」という質問も多いのですが、、
今までのお顔そりメニューとお顔そり美容法は、まったくの別物ですから、
価格もそれに合わせて変えていくことになります。


例えば、今までのお顔そりが2,500円(税別)くらいだった場合には、
お顔そり美容法は3,000~3,500円(税別)に設定される方が多いようです。
これも決まりがある訳でもないので、自分がちょっと高いかな?と感じるくらいが、
一つの目安になると思っていただければと思います。
そして、えり剃りは1,000円(税別)くらいが良く見かける価格設定です。


ということで、新しくお顔そり美容法を始めるにあたって
まずは今まで使っている化粧品を使いきってしまってからというお考えもあるでしょうが、
今までのメニューのお客様まで、無理やりコース変更することもありませんし、
何よりも一番良くないのが、今までのメニュー名のまま、今までの料金のままで、
いつの間にか「お顔そり美容法」をやっているというケースです。


これでは、今までより良くなった!ということを、
長くご来店いただいていたお客様に、お伝えすることが出来なくなります。


また、


「今までのメニューはなくなったので、今度はこちらで」と言われると、
お客様は、あまり良い印象はお持ちいただけません。
それよりも「お値段は少し上がりますが、こんな良いメニューも選べます」とお伝えし、
もちろん、今までのコースでも、今までの通りにお選びいただけますよ…とした方が、
ずっと好印象をお持ちいただけるものです。


すべてを強制的に切り替えるという発想ではなく、
お顔そりで新しく選べるメニューが増えたということをお伝えし、
その結果として、いつの間にか、今までのメニューを選ぶ人が少しずついなくなり、
裏メニューとしても残すことが無くなっていく…というのが、
お顔そりメニューの切り替えやすい方法かな?と思ってます。


ぜひお試しを♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示