ブログ 残った中身が出にくくなったチューブ容器の活用方法 理容よもやま話
自分のお肌は、花粉がついたり、汗をかいたり、お酒を飲み過ぎたりすると、
お顔全体が火照って、赤ら顔になるという敏感肌なので、
毎朝使っているシェービングソープは超敏感肌にも安心なお顔そり専用化粧品。


ただ、このチューブ、最後の方になると中身が出にくくって困ってるんですよね!
ギュ~ッときつく絞っても中身が出てこなくなったら、
チューブを途中で切り、指ですくって中身を出すようにしているんだけど、
中身を除いてみると、まだまだかなり使えるくらいに残っている!


20150609_1.jpg


最初の時は、切ったチューブを洗面所にそのまま置いていたら、
乾燥して、中身がパサパサになってしまったので、ラップしてました。


20150609_2.jpg


ただ、水がかかる場所だからか、ラップが密着しないのが難点。
そこで、今日は切ったチューブのおしりを洗濯バサミで摘んでみたけど、
これは自宅の洗面所ではいいけど、お顔そりルームじゃあまりにも見栄えが悪い(笑)


20150609_3.jpg


そこで、Facebookにそんな投稿を上げたところ、
何人かの女性理容師さんから、アドバイスをいただきました!
その中の一人がこんなイラストを書いてくれたので、さっそくお試し♪


20150609_4.jpg


お~っ!これは便利だね!チューブのおしり側がキャップ代わりになるし、
アイスの使い捨てスプーンやスパチュラがあれば、お客様に使うにも清潔だしね!


ただ、中身が残っているのは、意外に下の方だけだからと思って、
下も短め、おしり側も短めにしたら、フタが止まりにくくなっちゃった。
入れ方が悪いと、お尻のキャップが予想外のタイミングで「プッ!」と飛びます(爆)


20150609_5.jpg


皆さん、これは失敗例だから、キャップとして使う側はやや長めに残してくださいね♪



★★★ 大和理器公式 【LINE@】 ★★★

スマホ画面で下記バナーをクリックし、お友達追加していただくか、
LINEの「友だち」 → 「+」 → 「QRコード」でQRコードを読み込んでいただくと登録が完了し、
LINEアプリから、記事内容のお問い合せ、化粧品ご注文などが出来るようになります。
ぜひ、お友だちになってくださいね♪

友だち追加数
20150503_9.jpg


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示