ブログ iPhoneでうどんを美味しそうに撮ろう! 理容よもやま話
世間はゴールデンウィークだけど、うちの会社は日曜日、月曜日だけが定休日。
遠出するには渋滞が気になるし、買い物やら、片付けやらといろいろあるしね!


そういえば、さぬきうどんチェーン店で有名な丸亀製麺のテレビCMだったかな?
“あったかいんだから~”というフレーズで美味しそうな「だし玉肉うどん」があったっけ。
ということで、家から歩いて行ける中野セントラルパーク店へGo!


さすがに祝日のお昼時ということもあってか、カウンターには人の列が。
お目当ては「だし玉肉うどん」なので、夫婦二人共同じものを注文。


お時間を少々頂きます!


という声がかかったので調理場の中を見ていると、
若いスタッフが、卵焼き用のフライパンでだし巻き玉子を焼いている。
その間に、どんぶりにうどんと甘く似た牛肉を入れ、
焼きあがっただし巻き玉子をそっと乗せて、そこにアツアツのお出汁をかけて完成!


う~ん、確かに一人分を作るのに2分くらいは掛かりそうだし、
1人がだし巻き玉子を作るのにかかりっきりになっているから、混雑時は大変そう。


そのため、「だし玉肉うどん」を注文した人は先に精算を済ませ、
席で待っているところへ「だし玉肉うどん」が届けられる!


こうした定番品でないメニューの時は、まず食べる前に写真を撮るのがお約束です!
これはブロガーのが基本的な姿勢ですよね。
あっ!食べちゃった!という人もいるけど、それではブロガー失格です(笑)


20150505_1.jpg


はい!美味しそうに撮れました!
いつも撮り方を聞かれるので、今回もまたまた解説をしましょうね♪


まず、一番大切なのが席の選び方です。
食べ物を撮るときは、天井からの光ではなく、食べ物の奥から光が入ってくるような、
やや逆光になるライティングが美味しそうに見えるので、窓に向かう向きで座ります。
この時、奥さんは当然ながら、窓側に座ってもらうことになります。


次に甘く煮こまれた牛肉は、だし巻き玉子の下に隠れているので、
玉子の真ん中を割って、間から牛肉が見えるようにします。
同じように、うどんが下に隠れてしまっているので、これも少しだけ表面に(笑)


続いて、構図の考え方。
うどんは丸いどんぶりに入っているというイメージが人の頭の中にはあるので、
どんぶりの全体を移すのではなく、片側から3/4を切り取るように撮ります。
今回は、右から3/4を撮りました。


これはオレンジページやHanakoなどでの女性向け雑誌を見ると、
よく使われている構図なので、日頃から、こうした雑誌にも目を向けることも大事(爆)


ところが、3/4を切り取るようにすると、右奥に空間が余ってしまうので、
一緒に出てきた大根おろしの入った小鉢をここに置くことで、この空間を埋めます。


食べ物なので、ここまでの作業は手早く1分以内、出来たら30秒位内にやるのがミソ!
先ほどの構図を意識して、iPhoneのシャッターを押して撮影。
心配だったら、2~3枚撮り直しておくのも失敗を防ぐコツですね♪


写真をFacebookやTwitterにアップする前に、画像処理アプリで微調整。
今回は、全体を少しだけ明るくして、色味をやや強めにしました。
あと、中央までピントが合うようにして、奥はややボケて見えるように。


ちなみに、自分は「Instaflash Pro」というアプリを使いましたが、
同じような機能を持つアプリは他にもいっぱいあるので、
自分の使いやすいアプリを探してみてくださいね!


ということで、これでアップすれば完了です♪


それでは皆さんもスマホで美味しく撮る方法を試してくださいね!



★★★ 大和理器公式 【LINE@】 ★★★

スマホ画面で下記バナーをクリックし、お友達追加していただくか、
LINEの「友だち」 → 「+」 → 「QRコード」でQRコードを読み込んでいただくと登録が完了し、
LINEアプリから、記事内容のお問い合せ、化粧品ご注文などが出来るようになります。
また、弊社からも月に数回、リサイクル広場更新情報や講習会情報などを、
スピーディーにお知らせしていきますのでお楽しみに♪

友だち追加数
20150503_9.jpg


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示