ブログ オリジナルPOPの制作手順はこんな感じです 理容よもやま話
私の作るオリジナルPOPに興味をお持ちになる方が増えてきて、
「どんな感じに考えて作っているんですか?」と聞かれることがあるので、
今、作りかけになっているオリジナルPOPを例にあげて、ご紹介しますね!


最初に、POPを作りたくなった新製品が見つかったとします。
この「POPを作りたくなる商品」というのは、お店のメニューになりそうだったり、
または、店販品として、理容室で売れるんじゃないかな?と思えるものだったりと、
その時に、何か「ピンッ!」と感じるものがあった商品のことです。


で、最近の新製品の中では「シェーブエイド クレイパック」という商品が、
二種類のクレイ(泥)で毛穴の黒ずみを取りながら、ヒアルロン酸の2倍、つまり、
自重の12,000倍の水分を捉える力があるというリピジュアを配合した、
ちょっと変わったクレイパックが発売になるというので、まずは自分で試してみました。


20150423_0.jpg


クレイパックを顔に塗ってみると、これが白塗りのようで真っ白な顔!
自分の顔だというのに、あまりの面白さで自撮りしてみたけど、
これって、何年か前に流行った芸人さんみたいだな~と思ったのが一つのキッカケ。


そこで考えたのが、白塗したイラストを入れたPOPを作ってお店に貼ったら、
面白がって、やってみたい!と思う人がいるんじゃないかな?という発想。


そこで、お顔そり美容法セミオーダーチラシで似顔絵の協力をしてもらっている、
ヘアサロン集客広告会の村上氏にメールして、自分の考えてを伝えてみる。
「それ、面白いっすね!協力しますよっ!」と話はトントン拍子に進み、
ラフデザイン画がFacebookメッセージで送られてくる。


20150423_1.jpg


おおっ!イイ感じ(爆)
あとは色付けをお願いして、自分はPOP全体のイメージづくりにかかる。


イラストをアイキャッチにしてPOPを作れば、お客様の興味を引きそうなので、
POPの中央部分にこの絵を配置し、理容師さんから画像提供をいただいた写真を、
その4隅に並べていく。


20150423_2.jpg


ここで、写真だけでなく、イラストも入れてみた方が良いかな?と思い、
イラストレーターさんが書かれた画像の使用許可をメールでお願いして快諾をいただき、
左下に入れてみたけど、う~ん、ここはやっぱり写真の方が良いかも?ということで、
別の写真を差し込むことように変更することに。


ここまで出来たところで、テストプリントしたものを知り合いの理容師さんに見てもらい、
ダメ出しをしてもらう。これ、作っている側からすると精神的に辛い部分でもあるけど、
やっぱり、自分以外の人の目で見てもらうって、とっても大切なんです♪


その結果、4隅に配置した写真は、画像をそのまま貼り付けるのではなく、
プリントしたインスタント写真のように周りに白い枠を付けて、
その枠に対して画鋲が刺さったようなデザインの方が良い!ということに。


う~ん、どうやったらそんな感じに出来るのか分からないけど
ここはネットで調べてみれば、誰かがやっているはずなので、参考にさせてもらう。
と、今はここの段階なので、来週初めには、完成させてお渡し出来るようにしたいな!


ちなみに、POPづくりで大切なのは、商品の性能や品質を伝えるのではなく、
その商品を買うとどんな体験が出来るのか?を知らせること

つまり、今回のPOPでは「お客様のスマホで記念写真を撮る」ことを伝え、
その結果として、自分の真っ白な顔の写真をFacebookやTwitterにあげて、
友達に見てもらうことが出来て楽しい!というのが、
このメニューを買うことで得られる体験になるんですね♪


ということで、完成までもう少々お待ちくださいね♪


【ここから追記】


家に帰ってお風呂あがりに、ごちゃごちゃいじっていてこんな感じになりました~♪
グッと良くなったような気がしますが、いかがでしょう?


20150423_4.jpg



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示