ブログ この時期、新聞折り込みチラシはいつ頃が有効なの? 理容よもやま話
女性お顔そりというと、年末の11~12月、春先の3~4月あたりに来客数が増え、
真夏の8月と年始の1月にガクッと減るというのが、よくあるパターン。
そんな中、今までに2回ほど新聞折り込みチラシを入れた方から、メールでの問い合わせ。


お疲れ様です!
またチラシを撒こうかなと考えています。
最近の傾向としては、月の真ん中のご予約が少ないようです。
また、前回と折り込み地域をを変えて行こうかと思っています。
それから、広告を入れて、効果的な月はありますか?



新聞折り込みチラシはそれなりにコストのかかるものだから、
なるべく効果が出るようにと、チラシを入れる地域や時期を考えてしまうんでしょうね。


ただ、女性お顔そりというのは、今でこそ盛り上がっているように見えるけど、
それでも、お顔そりという店舗商売があることを知っているのは、
20~60代の女性、二人のうちの一人、約半数と言われているんですね!
そこで、こんな感じの返信を送りました。


普段から、お顔そりをされている方しかいないのなら、
チラシを入れる時期によって、問い合わせや予約の数に影響があるとは思います。
ただ、お顔そりという店舗商売を知っているのは、女性の半数と言われているので、
まずはチラシを入れることで「お顔そりって気持ちよさそう!やってみたい!」と、
未体験の方に気づかせてあげることが大事だと思いますよ。

女性お顔そりの1年の中で前半の売上ピークが3〜4月で、落ち込みやすいのが8月です。
つまり、学校関係などイベントが多い月はお顔そりに行きたいと思い、
夏休みは反対に行きたいと思わないってことなんでしょうね。
その辺りを考えて行くと良いかも知れません。



そうですか!では5000枚、注文をお願いします。
5月の連休後でも効果ありますかね(^^;;



ゴールデンウィーク中は、ダンナも子供も家にいることから、
主婦がのんびりと新聞やチラシを見る暇がなくなり、見逃される可能性大です。
どうせなら、ダンナが会社に出勤し、子供達が学校へ出かけ、
ようやく主婦が自分の時間を持つことが出来る、ゴールデンウィーク明けの平日に、
チラシが入るようにするのが良いと思います♪



女性お顔そりは、まだまだ一般女性に知られていません。
ブログやFacebookで何度も書いていることですが、
価値が伝わっていなければ、それはやっていないのと一緒なんです。


化粧品を変えても、メニューを変えても、それを伝えなければ売上は変わりません。
お顔そりの持つ価値を発信し、そのことにふと気づいた女性に、
「自分もお顔そりってやってみたい!」と思ってもらうことが大事なんです。


そのために行うのが、店頭ののぼり旗であり、ポスター、そしてA型看板、
店内でのご来店の男性客に手渡したり、郵便局、女性専用体操教室、
または知り合いの自営業の方に置いてもらう持ち帰り用のチラシ。


そして、今回のお話のような新聞折り込みチラシでのアナログ発信、
ブログ、Facebookなどを活用したデジタル発信となっていきます。


まだまだ知られていない女性お顔そり。
一人一人の理容師さんが、お顔そりの持つ価値を発信し続ければ、
必ず、その良さに気づいた女性が「お顔そりをしてみたい!」と思ってくださいます。


誰かがやってくれるのではなく、自分ができる事を1つずつやっていく。
それがいつか、楽しいお顔そりビジネスにつながっていくと思いますよ!


<追伸>


今日はお取引から、こんな画像付きメールが送られてきました。


20150416_1.jpg


お客様の気づいていない、お顔そりの価値を伝えている一つの例です。
お顔そりというメニュー(モノ)を売るのではなく、
日頃、なかなか言えないでいる「ありがとう」の言葉を、
こんな形で奥様に伝えてみませんか?!というコトを売るPOPになっています。


その上、女性が大好物な「限定発売」付き(爆)
そして、お顔そりエステ券には「○○○様より」と書かれることで、
送る側も、受け取る側もお互いに感謝の気持ちでいっぱいに♡


伝えなければ伝わらないのは、夫婦の間も一緒ですね!自分も反省しないと(汗)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示