ブログ それぞれの道のプロになるって大切だなぁ~ 理容よもやま話
プロ写真家の山岸伸さんのムック本「ポートレート写真を志す人へ」の発売記念に、
秋葉原にあるヨドバシカメラで撮影セミナーとサイン会が開かれるというので、
休日の日曜日を利用して、電車でお出かけしてきました。


山岸伸さんというと、今年65才という決して若くはないお年だけれど、今でも大活躍!
ポートレイト撮影を中心に広告から雑誌グラビアまで幅広く活動していて、
撮影した写真集は400冊を超えるという大人気の写真家さん。
撮影対象は主に女性アイドル、女優、女性歌手ということで、
男性よりも、女性を撮ることを得意としているんですね!


プロ写真家の撮影場面はなかなか見ることが出来なので、興味津々。


20150412_1.jpg


三脚の使い方一つ取ってみても「こんな使い方するんだっ!」と思ったり、
デジタル一眼レフ特有のファインダーを除く撮影スタイルでなくて、
ライブビューというデジカメ風の撮り方で1秒に1枚くらいのリズムで撮るし、
ピント合わせもも、顔認識モードという、これだってコンパクトデジカメで人気になり、
デジタル一眼レフにも採用された機能を使っている。


プロ写真家というと、長い経験から身につけたプロならではの技術を使い、
ピント合わせも露出もマニュアル、レンズだってズームレンズは邪道!で、
寄りたかったら、自分が一歩前に出ろっ!というスタイルで撮ると思っていたけど、
今はそんなことないんですね!


日本を代表するようなポートレートプロ写真家が、
最新の機能を使いながら「ファインダーは覗かずライブビューで!」とか、
「ポートレートのピントは顔認識モードで!」という言葉を出すことに驚いたけど、
「レンズはズームで撮っています!」というのにもビックリしたな。。。
プロ写真家って、高価な単焦点レンズを取り替えながら撮影していると思っていたし(笑)


そして何度も出てくる言葉が「シャッターを押さないと写真は撮れない!」というセリフ。
つまり、プロのモデルさんは、自分でどんどんポージングして、目線を決めるから、
その撮って欲しい瞬間に、キチッとシャッターを押すことの大切さなんですね。


受講者の中から数人の方が先生の説明を受けながらシャッターを押していくけど、
モデルさんの1秒ごとに変えてくるポージング、そして、
山岸伸先生の「はい!そこ!いま!イイね!」という掛け声で、
撮影している人のリズムもどんどん良くなっていく。


やっぱり、プロ写真家もすごいし、プロモデルさんもすごいなっ!
そして、あっ!これは自分の仕事や理容師さんの仕事でも一緒だなと思ったのが、
上手になりたかったら、自分より上手な人の仕事を見ること、そして習うこと。
もっと多くのお客様に来てほしいなら、集客している人に聞くこと、教えてもらうこと。
また、相談するなら、やっている人、やり続けている人に相談することが大事。


写真ももっと上手になりたいと思うけど、それと同時に思ったのが、
自分はサロン様にとって、集客のプロにならないといけないんだな!ということ。
そして、女性お顔そりなら、あの人に相談しようと思える人になること。
そう、お顔そりビジネス成功のためのプロになることが大事なのか!と(笑)


あ~、それにしてもこういうのを見ていると、物欲が湧きますよね!
新しいカメラ、新しいレンズ、出来たらライティング機材も全部欲しいし。
山岸伸さんの「先行投資しないと上手になれないよ」という言葉で心が揺れてます(爆)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示