ブログ 女性お顔そりビジネスの持つ可能性 理容よもやま話
このブログを書き始めて10年目になっていますが、
「ブログを続ける」上で必要なのは、文章を書く力ではないな~と感じています。
文章を書く力というのは、ブログを書き続けることで上達するので、
必要な技術ではなくて、自然と身につくものだと思うんですよね!


例えば、毎日髪を切っていれば、カット技術は上達するし、
毎日、女性お顔そりのお客様がいらっしゃれば、お顔そり技術も上達します。


だから、ブログを続けるときに自分が一番大切にしているのは、
ブログを始めた時の思いである「誰に何を伝えたいのか?」ということなんです。


そんな中、このブログでお伝えすることの一つに
「女性お顔そりの可能性」を女性理容師さんに伝えていくというものがあります。


男性理容師さんは、組合であったり、地域のコミュニティーであったり、
意識するしないに関わらず人と触れ合うことが多いので、
自分の位置づけとか、自分が期待されていることなどを感じられることが出来ます。


その点、女性理容師さんは、ご主人のアシスタント的な立場であることから、
お客様や地域の方と触れ合うことで得られる、満足感や喜びを感じにくかったり、
また、お一人で仕事をされている方の場合には、商売があまりうまく行かず、
「このまま理容室をやっていって良くなるのかな?」と、
不安に思う方が多くいらっしゃるのが現状でした。


そんな中で、女性お顔そりの盛り上がりが大きくなってきています。
特に、ここ2~3年の伸びは目を見張るものがあります。


先日も、お顔そりを頑張る女性理容師さんとお話しました。
その方がお顔そり美容法を始めたは、ちょうど1年前の4月半ばくらいからだったかな~、
「去年の3月と比べていかがですか?」なんて話をしていたのですが、
去年の3月は1ヶ月に5名のお客様がご来店されていたそうで、
今年はこのままのペースで行けば、40名台の後半まで届きそう!というお話で、
「それじゃ10倍ですね♪」なんて笑ってお話ししていました。


他にも、去年の同月と比べると、客単価が2.3倍、客数が1.3倍で、
お顔そり売上は前年比で3倍になり、ご夫婦サロンの売上も30%増!という、
この厳しい時代の中で、ものすごく伸びているお店もあります。


さらには、これだけの売上の伸びがありながらも、
新たな設備投資は、個室っぽくカーテンを取り付けたり、
折りたたみ式ツイタテを、大型家具店で買ってきて、
女性客が来た時だけ置いている程度だったりします。


もちろん、新たな家賃が発生することもなく、光熱費だって変わらない。
つまり、大きな投資をすることなく、収益を上げることが出来る可能性を持つ、
そうしたビジネスになる可能性があるってことなんです。


ご自身のお店が3年前と比べて客数が増え、売上が増え続けているなら、
今のビジネスへの取り組み方が正しく、今後も伸びる可能性が高いと言えますが、
もし、3年前と比べて客数が減っている、また売上が伸びないか、減っているようなら、
新しい可能性を持つ「女性お顔そり」というビジネスに目を向けることも、
大切なことではないかと思いますよ!


そんな時、「旦那がカットして、私がシャンプーと顔そりをするから…」、
だから、自分がお顔そりに取り組むのは難しいという方もいらっしゃいますが、
仮に50名の女性をお顔そりをされてとしても、1日にたったの2人です。
ご主人のお手伝いが出来なくなるほど、忙しくはなりません(笑)
それでも客単価5,000円で25万円、年間300万円の売上です。


もちろん、1ヶ月に100人になれば、1日に4人ですからお手伝は難しいです。
その代わり、客単価6,000円ほどで売上60万円になりますから、
うっかりすると、ご主人と変わらないほどの売上になり、
ご夫婦サロンで、月間120万円の売上だって現実になるかも知れませんよ♪


そんな大きな可能性を持ったお顔そりビジネス。
今からでも遅くはありません。思い切って取り組んでみませんか?


成功への近道は、実際に月間50人、70人、そしてそれ以上の女性お顔そりをされている、
そうしたお店のお顔そり技術、化粧品の選び方、集客の仕方をすべて真似させてもらうことです。


世の中のこと何でもそうですが、
やったことのない人に相談すると「無理だよ、そこまですることないよ」と言われますが、
やったことのある人に相談すると「やってごらんよ!自分も手伝うから!」って言ってくれます。
相談するときは、実際に集客に成功している人に聞くことです。
集客できていない人に聞くと「出来ない理由をいっぱい聞かされます」(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示