ブログ 女性まゆカット専用ハサミの試作品をモニター中 理容よもやま話
今まで、ありそうで無かったのが「プロ専用女性まゆカットハサミ」。
事の始まりはちょっとしたことで、とある女性理容師さんとの世間話から。


その方は女性まゆカット専用に、ミニばさみをお買い求めになっていたけど、
他の女性理容師さんにお聞きしてみると、ご主人が使わなくなったミニバサミをもらい、
それをまゆカット用のハサミにしているというのが圧倒的に多い!


実は、女性のまゆというのはお顔のパーツの中でも特に大切なもので、
ほんの僅か、1本のまゆ毛に手を入れるか入れないか、それも0.5mm切るか、1mm切るか、
また、長さを変えることで、まゆの濃さを揃えるなど、カミソリと同じくらいに細かな作業!
ところが、お使いになっているミニバサミは、ご主人のお古(笑)


そうしたことも影響しているのかも知れませんが、
「私、眉カットが得意なんですっ!」という女性理容師さん、すごく少ないんですね!
原因の一つは、似合うまゆ形がわからないということもあるけど、
もう一つがまゆカットに使っているハサミが、狙った細い毛を逃さずに、
それも狙った長さでキチンと切れてくれるほどの、するどい切れ味を持っていないということ。


まあ、「まゆカットしか使わないんでしょ?」と言われてしまえば、
まゆ専用に切れるミニバサミを買って欲しい!とまでは言えないのかも。


そんなこともあってから、値段は女性お顔そりに人気のあるビーグラッドよりは抑えて、
それでいて、薄くて、先端に丸みを持ちながらも、幅の狭いミニバサミを探したけど、
どこのメーカーに問い合わせても、帯に短し襷に長しでちょうど良い品が見つからない。


それじゃ、特注品でお願いしようと思い、ハサミメーカーさんに打診したところ、
「そんな値段では作れませんよ!」とか「素人さん向けのがあるでしょ?」と、
まともに話も聞いてもらえない。 _| ̄|○


そんな時に某ハサミメーカーが声をかけてくれたんです。
「それ面白いですね!値段は考えずに、とりあえずたたき台を作ってみますよ!」って。


そして持ち込んできたのがこちらの試作品。


20150228_1.jpg


ハンドル部分は適当なものを付けただけなので評価外として、
今回は肝心の刃の長さ、幅、厚み、切れ方などの使い勝手を、
知り合いの女性理容師さんにお願いして、モニターテストしていただきました。


1週間ほどお貸しして、次の方へ回すために受取に伺うと、、、


これを持っていかられると、まゆをギリギリまで責められなくなっちゃう。


と嘘泣きで、ハサミの返却を拒否する ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


話を聞いてみると、今まで使っていたミニバサミと比べて薄くて切れるので、
思い通りのデザインと厚さに、まゆ毛をカットできるのだとか。
その時に、お手持ちのハサミと厚みを比べたのがこちらの写真。


20150228_2.jpg


全然違いますよね(笑)これじゃ、仕事が出来なくなると言われるのも納得だけど、
モニターさんはお一人だけでは困るで、お次の方へ。。。
ところが、お二人目も返却時に「持っていかれると、仕事が出来なくなる(涙)」と泣いた振り(汗)


と、ここまでいただいたご意見をメーカーにフィードバッグしていたけど、
刃の部分、つまり刀身は文句ないので、ハンドル部分の持ち手がちょっと気になるのと、
青いフィンガーガイドをピンクにして欲しいって。そこかよ?・・・・


ということで出来上がってきた第2弾がこちら。


20150228_3.jpg


さすがに、ピンクのフィンガーガイドは在庫がなかったのか赤だったけど、
ハンドル部分は自在ネジから、平ネジに変わって、ややコンパクトな感じに。


ここで会社にあったミニバサミを出してきて、刃の一番薄いものと比較してみると、
意外にも、刃元はほとんど同じか少し厚みを感じるくらいなのに、
刃先に向かって、ググッと薄くなっていくのがよく分かる。


20150228_4.jpg


ちなみに、こちらの2丁を見ていただいた女性理容師さんは、
私が持ち帰る前にと慌てて写真撮影(笑)おっ!重さは37gなんですね!


20150228_5.jpg


なお、この後も数名の方にモニターをお願いしてあるので、
多くのお声をいただいてメーカーにフィードバックし、より良い品物にし、
それを何とかお手頃価格で出していただけるよう交渉してみます。


これであなたも、まゆカットテクニシャンに(笑)
お楽しみにお待ちになってくださいね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
新製品 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示