ブログ お問い合せは○○○○取扱いディーラーまで 理容よもやま話
FC2ブログ
先日、同業者の集まりがあり、居酒屋で打ち上げをしていた時のこと、
うちのブログの書かれている、とある言葉について盛り上がっている。
それが、こちら。


こちらの商品のお問い合わせ、ご注文は○○○○製品取扱いディーラーまで。


あれが書いてあるとイイよね!
お客さんは「あんたももっと勉強してよっ!」って言われるけど、
これが書いてあれば「ブログ記事を読んで、うちに注文してくれっ!」て言えるし(笑)



う~ん、これはそういう意味で書いているわけじゃないんです。
このブログを書き始めた時に決めたのが「誰に何を伝えるために書くのか」ということ。


自分は東京という、比較的情報の入りやすい土地で仕事をしているのだから、
その有利な立場を利用して、情報が入りにくいと言われる地方の理容サロン様に、
東京と同じタイミングで情報がお届けできればというのが一番の目的だったんです。


あとは、東京だと1軒のサロンに複数のディーラーが入ることがあるので、
その結果として、自然と競争原理が働き、新製品や講習の情報は入りやすくなってくる。
ところが地方の場合は、1件のサロンに1社のディーラーだけということも多く、
情報は、そのディーラーさんが流さない限り止まってしまう。


このブログを始めた10年前は、まだTwitterもFacebookも無かったから、
今のように、理容師さん同士で情報を共有することも出来なかったから、
今以上に情報はディーラーさんが頼りだったわけです。


こうしたことに対して、何かお手伝い出来ればということで始めたのが、
このブログ「理容よもやま話」を立ち上げたきっかけ。


だから、ブログ記事を読んで、うちへ注文してくれっ!というのは違うと思う(笑)


商品を買うだけなら、それでも良いかも知れない。
でも、お客様はなぜその商品を買いたいと思ったのか?が分かっていないと、
せっかくの商品が生きてこなくなってしまうんです。


つまり、サロン様はその商品をモノとして欲しいのではなくて、
その商品をお客様に使用することで、お客様にもっと喜んでもらいたい、
そして、もっとお店の業績を上げていきたいと考えているんです。
だから、商品だけでなく、商売繁盛のためのノウハウがそこにないと、
ただ商品を買っただけで、その商品をお店で活かすことが出来なくなってしまうんです。


だから、「商品のお求め、お問い合せは○○○○製品取扱いディーラーまで」というのは、
モノを買うだけではなくて、担当されているディーラーさんにしっかり相談して、
その商品の活かし方であったり、お客様へのアプローチ方法などを、
しっかりと伝えてもらいましょうね!ってことです(笑)


よろしくお願いします♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示