ブログ A型看板、基本の流れは【呼びかけて、説明して、どう行動して欲しいのか】 理容よもやま話
最近は、多くの店舗で利用されるようになってきているA型看板。
置き方の基本は人が歩いてくる方向に、看板が向いていることと言われています。
というのも、人はA型看板を見つけて、その文章を読むか読まないのかを決めるのに、
たった「0.2秒」で判断すると言われているからなんですね!


さて、それでは看板に書かれたメッセージを読んでもらうための工夫ですが、
最初に書くのが「呼びかけ」か「ターゲットを明確にすること」。
呼びかけは「知ってますか?!」とか「花粉症のママさんへ!」など、
あっ!自分のことだ!と感じるような書き方をすることで、
ターゲットを明確にするにはこんな例もありますね!


20150220_1.jpg


ずっとお顔そりが気になっていたんです。
と言う50才以上の方へ!



ここはなるべく年齢を高めに設定したほうが伝わりやすくなります。
年齢が低いほど多くの範囲が入るからと思ってしまうけど、
ターゲットが広くなりすぎると、受け手に対しても伝わりにくくなります。
ここでターゲットを絞っておいて、次が伝えたいことの説明。


実はそんなお客様が多いのです。
お顔そり美容法で美肌再生
50分 3,900円(税込み)



何をするのか?時間はどれくらいかかるのか?金額はいくらなのか?
この3つは最低限伝えなければ行けないことなので、必須項目です。


そして最後が「どう行動して欲しいのか?」です。
今回は「詳しくはチラシをどうぞ」になっていますが、
他にも「お気軽にお問い合わせください 03-1234-5678」となっていれば、
まずは電話で問い合わせてほしいということを伝えているし、
「スタッフにお気軽にお声掛け下さい!」となっていれば、
お店の人に声を書けてください!ということになりますよね♪


A型看板に何か書かないといけないけど、どう書いたら良いのかわからないという時は、
この基本の流れに添って【呼びかけて、説明して、どう行動して欲しいのか】という、
基本の3ステップに載せるように意識してみましょう!


あと、今回の看板に一言を加えると、もっとお客様の背中を押す事もできるんです。
「50分 3,900円(税込み)」の下に1行「気づいた人から始めています♪」と入れて、
その次の行に「詳しくはこちらのチラシをお持ちください!」としたらどうですか?


実はそんなお客様が多いのです。
お顔そり美容法で美肌再生
50分 3,900円(税込み)

詳しくはチラシをどうぞ →



ここをこんな感じに、


実はそんなお客様が多いのです。
お顔そり美容法で美肌再生
50分 3,900円(税込み)


気づいた人から始めています!
詳しくはこちらのチラシをお持ちください! →


ねっ!たった一言だけど、受けての印象は変わりますよね?(笑)
ご自身のお店のメニューに合わせて、色々と試してみてくださいね!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示