ブログ 男性は多くの商品やメニューから選ぶのが苦手なんです 理容よもやま話
女性向けのメニューや人気の店販商品のご紹介が増えてきたことから、
今まで鏡面に貼ってあった、男性向けオプションメニューのPOPを外した途端、
男性のオプション注文が減ってしまったという、とある理容室でのこと。


ちょうどお手すきだったので、世間話をしながらも、男性脳と女性脳の違いをご紹介。
例えば、女性は数多くのメニューや商品、説明書があったりすると、
端から端まで眺めていって「あれは何なの?これはどんなこと?」というように、
とにかく全部のものを見てから決めたいという人が多いけど、
男性は、あまり多くの情報を見てしまうと、見ることそのものが面倒になり、
スマホを開いて、さっさと一人の世界に(笑)


これは、男性の集中力は女性の50倍と言われる脳の違いにあるようなんです。
もともと、オスは広い原野で見つけた遠くの獲物を狙うために、
目は遠くのものを見るようにできており、近くを見るのが女性に比べて苦手。
左右の視界も女性に比べて極端に狭くなっています。


それに対してメスは、子供を守るために常に外敵を意識するようになっていて、
左右の視野が男性より広い傾向があります。
だから、ご主人が「お醤油どこだっけ?」と聞いた時に「目の前にあるじゃない!」という、
とっても不思議な会話が当たり前に行われたりするんですよね(笑)


だからこそ、そこを意識して、お店のメニューやPOPを作ることが大切なんですね!
まず、女性向けメニューは「やりたいことをズラズラいっぱい並べる」のが基本。
女性は全部のメニューを眺めて、さらにファイルがあれば広げ、POPがあれば全部見る。
全部を見てから、その中から一つを選び出す力が強いんです。


それに対して、男性はそういうのが苦手で、なるべく狭い範囲でを決めようとします。
洋服や靴を買うときは、何軒も歩くのは嫌いで、なるべく1軒目で決めてしまう。
その1軒のお店でも、選ぶものが大量にあるときは混乱しやすく、
ついつい「当店人気ランキング一位!」とか書いてあるところに行っていまう(笑)


こんな違いがあるものだから、女性が欲しい物を探して何軒も見て回り、
「やっぱり最初のお店のが良かった♥」なんて言うと、オトコはげんなり _| ̄|○


ということで、男性向けメニューは「当店の人気メニューベスト3」を書き出し、
なるべく男性の目線の行きやすい位置にPOPを貼りだすのが売れるコツなんですね♪


そんなお話をしてきたら、次に伺うときにはさっそく出来上がっていた!


20150131_1.jpg


私のPOPの作り方の全く同じで、最初のキャッチコピーでターゲットの絞り込み。
ここでは「疲れの取れないあなたへ!」と呼びかけてますね♪
ここも大事なんですよ!「呼びかけ」と「ターゲットを絞る」の2つです。
あとは、人気ランキングを1位から3位まで入れています。


女性から見ると、もっと他のメニューを見たいという気持ちになるけど、
男性は、これを見せられると、この3つの中から選びたくなるんです(笑)
とっても不思議だけど、脳がそう働くのだから仕方ないですよね?


そんなことから、今作っているのがこちらのPOP。


20150131_2.jpg


これは、昨日の記事でご紹介したメンズ向けのオプションメニューPOPだけど、
最初にキャッチコピーでお客様の視線を惹きつけて、
そこから続く説明文は、女性にはあまり興味を持っていただけない言葉だけど、
逆に男性は、こんな感じの理屈と数字の入っている言葉が大好き!


あとは、メニュー名には遊びを入れて「モテ肌艶シェービング」。
これじゃ、何をしてくれるのか、どんなモノを使うのか全く分からないけど、
ただ「自分がどうなれるのか?」は想像できるかな~?と思って製作中です。


こんな感じで、お店のメニューやPOPは、男性と女性を意識して作ってみたくださいね!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示