ブログ 大晦日に新聞記事『理髪店、女性が注目 美容目的の理容増』 理容よもやま話
FC2ブログ
会社は今日からお休みなので、のんびりとテレビを見ながら朝食を済ませ、
Facebookの投稿をチラチラと眺めていたら、こんな記事が!


『理髪店、女性が注目 美容目的の理容増』


20141231_1.jpg


20141231_2.jpg


福井県の女性理容師さんがアップしていたので、掲載新聞を訪ねてみると、
地方紙の「福井新聞」、その後「茨城新聞」にも載っていると教えてもらいました。
地方紙とは言うものの、かなり大きく取り上げてますよね!


画像の記事を読んでみると…「うん?兵庫県西宮市の理容室?」
あれっ?こちらのお店、お顔そり美容法登録サロンのとしてお取引いただいている、
知り合いのお店です!まだ会ったことはないけど(笑)


以前は大衆料金の男性専門店をされていたけど、
2年前の改装をきっかけに、サロン名も「癒やし空間なちゅらる」に変え、
男性、女性共に入れるような理容室を目指したんですね!
こちらでは女性だけでなく、男性にもお顔そり美容法を利用した、
お顔そりを提供されているそうですよ♪


それでは、新聞記事をここに引用しておきますね!


---------------ここから-------------

男性客が多くを占める理髪店を顔そりに利用する女性がじわりと増えている。
顔の産毛をそる美容効果が見直されたとみられ「肌が若返る」と評判じゃ上々。
理容業界は後継者不足を解消しようと、イメージ転機につなげる考えだ。

業界 イメージ向上期待

11月、兵庫県西宮市の理髪店「癒やし空間なちゅらる」。
市内の主婦日高葉子さん(68)が店の奥にある個室の椅子に腰掛けた。
泡状のクリームを顔に塗られて目をつむると、山田律子さん(43)がかみそりを動かし始めた。
首周りや耳、顔の産毛をそる3千円のコース。仕上げのパックを終えげ部屋を出ると
「気持ち良かった。たるんだ肌が引き締まった気がする」と満足そうに話した。
月に1回ほどのペースで来店しているという。

山田さんによると、産毛をそると化粧のりが良くなり、古い角質を取り除くこともできる。
2月の開店時から女性向けの顔そりを始めた。月に約20人が利用し、大半が50代以上という。
東京・銀座にある創業100年以上の理髪店「ヘアサロンササキ」は、
約10年前に女性向けの顔そりコースをつくって以来、30代以上の女性客が少しずつ増え、
今では女性客が3割を占める。背中や腕をそるメニューも有り、
店長の佐々木岳史さん(33)によると、結婚式などドレスを着る機会に女性が利用している。

法令上、顔そり業務を出来るのは理容師に限られることもあり、
全国理容生活衛生同業組合連合会(全理連、東京)は約10年前から女性の顔そり普及に、
力を入れてきた。講習を実施し、加盟店には宣伝用ポスターやのぼりを配布しており
「受ける女性が増えている実感がある」という。

支援の背景には業界の後継者不足がある。
国家試験を実施する理容師美容師試験研修センター(東京)によると、
理容師試験の受験者数は2004年の4671人から14年には2458人に減少した。
全理連の大森利夫理事長(67)は「理容店はおじさんが利用する」という、
イメージを持っている人が多い。女性も利用するメリットがあることをもっと広め、
イメージアップを図りたい」と話している。

---------------ここまで-------------


今年は、女性週刊誌や月刊誌で何度か取り上げられることの多かった女性お顔そり。
地方紙といえども、新聞に掲載されると、お客様の関心は高まりますね!
そして大切なのは、こうしたマスコミによる発信だけにとどまらず、
女性お顔そりに力を入れるサロン、一軒一軒がしっかりと情報発信をすること。


そのためには、店頭ののぼり旗、ポスター、A型看板、チラシ、新聞折込、
そして、ブログやFacebookといったウェブ活用も大切になってきます。


実際、知り合いにこういう女性がいました。


その方はお顔そりに興味を持ってくれ、地元の理容室に行ってみようと思い、
「町名+お顔そり」というキーワードで検査したら、良さそうなお店が2件ヒットし、
どんなお店かと思ってネットで見ようと思ったけど、ホームページもブログもない。
お店の雰囲気もまったく分からないし、営業時間もメニュー料金もさっぱり。
仕方がないので、とりあえず自転車でお店を見に行ったけど、
お店の前には女性向けののぼりもポスターもメニュー表示もなかった。


諦めて家に帰ってもう一度ネット検索し、今度は町名だけでなく市内で検索したら、
隣駅にお顔そり専門店があって、そのはホームページもブログもあったので、
安心してお店に行くことが出来たという、笑えない話もあったんです。


マスコミが業界団体が何かしてくれるのを待つだけでなく、
自分は「理容室にお顔そりを広めるために何が出来るのか?」を考えて、
来年こそ、自身の出来る情報発信を始めて行きたいですね!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示