ブログ 営業終了後のお取引先サロンでプチ集客セミナーを開催 理容よもやま話
去年からに続いて、今年も数ヶ所で行ってきた「集客セミナー」。
お顔そり美容法を通じて懇意にさせていただいている女性理容師さんとの話の中で、
「閉店後のサロンでプチ集客セミナーをしましょうか」と盛り上がり、
当初はお二人の女性理容師さんとお店のスタッフさんくらいかと思っていたら、
なんだかんだと広まっていき、あっという間に15名に!


お借りしたお店も決して狭くはないお店だけど、
理容椅子はもちろんのこと、客待ち椅子から補助椅子、カット椅子、
しまいにはレジャーシートまで引っ張りだして、お店の中は大混雑 (*≧m≦*)ププッ


こういう時って、Facebookでつながっていると、広まり方がすごいんですね!
ということで、閉店後のお店をお借りして、午後9時からプチ集客セミナーがスタート!


20141211_1.jpg


いつもなら、2時間枠をいただいて、休憩を挟んで1時間45分ほどでまとめるけど、
今回は夜ということもあり、1時間の短縮バージョン。
集客の話というと、新規集客に目が行きがちだけど、理容業はリピーター商売。
だからこそ、新規集客の後、リピーターになっていただくのかが大事だけど、
今回は時間の関係で新規集客中心のお話になりそう。


F22スターターキットに同梱させていただいた「女性お顔そり集客BOOK」にも書いたけど、
理容業で「儲け」というか「売上から給料や経費を引いて余った資金」を増やすには、
材料費を抑えることと、売上を伸ばしていく方法があるけれど、
その違いによって、どのように儲けが変わるのかを部分を最初にお話し、
具体的な集客の考え方などをお伝えすることに。


今の男性は、カットデビューが母親に釣れられての美容室、
学校に行くようになっても、そのまま何となく美容室に通い、
社会人になってしばらくはそれでも良かったけれど、
段々と年齢が行くに従い、美容室の中で何となく浮いている自分に気づく。


それじゃ美容室じゃなく理容室に行ってみようかと思ったけれど、
さて…どの理容室が自分に合うのか分からない。
それは、美容室に比べると、理容室からの発信が非常に少ないから選べない。


ならば、「誰に対して」、「何を」、「どのように伝えるのか」、
それを「伝える情報発信ツール」の種類とその効果の違いなどが頭に入れば、
とかく難しくなりがちなマーケティングのお話も理解しやすくなるというもの。


と、そんなこんなで、それこそ笑い話にもなるような分かりやすい事例でご紹介して、
参加された皆さんも、まじめに聞きながらも、笑いの絶えないセミナーに♪


ちなみにこれは、お話をする時の流れを整理したもので、自分のアンチョコ(笑)


20141214_2.jpg


多分、昨夜のプチ集客セミナーに参加された方は、
このアンチョコを見れば、どんな話があったかが思い出されるんじゃないかな?


今の時代、モノが溢れ、欲しいモノはない!というほど満たされています。
でも、そうした時代の中でも売れているモノ、売れているお店があります。
またマーケティングの世界ではこんな言葉も使われます。


今の時代、売れるものはない、売れる売り方があるだけだ。


自分のお店に合う方、また、来て欲しいと思う方にご来店いただければ、
仕事は楽しくなるし、お客様も居心地の良いお店としてリピーターになっていただけます。
そうした、最初からリピーターになりやすいお客様を集めることが、
今の時代の集客で一番大切なポイントになります。


セミナー終了後、お一人の女性から一言。


第二弾のセミナーの開催予定はあるのですか?


こういう声って一番嬉しいですね!
今回、十分にお話することの出来なかった、リピーターづくりについても、
あらためてお話を聞いていただけると、サロンに役立つんじゃないかな?
また、閉店後のサロンをお借りしたプチ集客セミナー、ぜひお声掛けくださいね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
講習会 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
この様なセミナーをされるディラーさんは札幌にはないと思うので羨ましい限り。札幌支社作りませんか?
距離有りますがお取引出来ると良いですね。

Re: No title
> 富夢創屋さん

札幌支社は限りなく難しいですが、今は物流も良くなっていて、
日本全国の理容師さんと、ブログやメール、Facebookなどでつながることが出来、
商品も、ほぼ翌日到着で送れるようになっているので、不便はないですよ♪

管理者のみに表示