ブログ 結果が出ないからといって止めてしまう人が多いから成功する人がいる 理容よもやま話
こちらの図は「成功曲線」というキーワードでネット検索した時に、
いくつもの画像がヒットした中での一つをお借りしてきました。


20141205_1.jpg


この図は縦軸に「成果」、横軸に「時間」があり、
自分の努力の結果として成果として感じられる自分のイメージは一定角度で上昇するけど、
実際の成果は、最初はまったくと言って良いほど何も感じられず、
ある特定のポイントを過ぎると、その成果は急上昇を始めるというものです。


分かりやすく言い換えると、一輪車に乗る練習をしていて、
最初は何度やってもすぐに落ちてしまう、ペダルを漕ぎだすとすぐに倒れる。
そんなことをいつまでも続けていて、「自分には無理なんだな…」とあきらめた人は、
一輪車に乗れないままだけど、努力を続けた人は、ある日突然乗れるようになり、
それが2~3m乗れると、そこから先は漕ぐのを止めるまでどこまで乗れてしまいます。


これはお客様を集めていく集客でもそうだし、技術のスキルアップもそう、
もっと分かりやすいのはブログを続けることかも。


ブログを書き始めた時はアクセス数の増加を密かに期待するものです。
「毎日1本の記事を書けば、3日で1日に30人くらいが読み、10日もすれば50人くらい」と
読んでもらえる人数を自分のイメージとして期待します。


ところが、実際にはそんなに簡単には読者は増えていかないんですね~
実際、このブログを書き始めたのは10月25日のことだったけど、
最初の1ヶ月はほぼ毎日1本の記事を書いて、1日のアクセス数が10~15人。


これ、結構、ストレスなんです(笑)
ブログを書き始めた当初は文章を書くことにも慣れていないから時間がかかり、
1本の記事を書いてアップするまでに1時間くらいかかったりするんです。
それなのに、読んでくれているのは自分を入れて10人くらい。


これしか読んでくれないなら、書くのをやめてしまおうかな?と思いますよね?
実際、こんな感じで1ヶ月ほどでブログをやめてしまう人がほとんどです。


その後、アクセス数が増えないことを気にしながらも、ブログを続けていて、
年末までほぼ毎日続けて、2ヶ月ちょっとたった時点で、1日のアクセス数30~40人。
その頃、友達のブロガーさんは1日のアクセス数が200人以上あるのに、
自分はどうして増えないんだろうな~?テーマが面白くない?文章が下手?と、
色々なことを考えたものです(笑)


今になって思い返せば当然のことなんだけど、
ブログを書き始めても、そこにブログがあるということを知っている人はいないんです。
読んでくれた人は、他のブログからのリンクや検索から偶然ブログを見つけてくれ、
そこの書かれていた記事を気に入ってくれて、リピーターさんになってくれるんです。
これはリアルの商売で集客するのと考え方は一緒ですよね!


ここで思い出して欲しいのが、最初に載せた成功曲線のグラフ。
最初はアクセス数がほとんど増えないけど、あるところから急激に伸びていって、
気づいたら、人気ブロガーの仲間入りをするという点があるんですね!


その上昇角度が上がり始めるところが「ブレークスルーポイント」


ここからは、ブログを書いていても楽しいし、アクセス数もどんどん増える。
少しくらい、ブログ更新をお休みしても、アクセス数が落ちることもない。
一般的に、ブログでこのブレークスルーポイントに到達するのが、
毎日1本の記事を書いたとして、記事数100本に到達する3ヶ月目くらい。


ブログを始めようという方は、まずは3ヶ月で記事数100本までは、
1日のアクセス数が何人だからといちいち落ち込んで、やる気をなくすのではなく、
まずは、お客様が知りたい情報をアップし続けよう!と決めて、
3ヶ月は、なるべく毎日のように書くことです。


ここでブログを毎日書く時間が取れないという方も多いと思うけど、
お仕事ブログを書くのならば、営業時間内のお手すきの時間に書いてください。
仕事が終わってから、食事が終わってから、お風呂に入ってからと思うと、
まず間違いなく、書かなくなります(笑)


ブログは集客のための「仕事」なんだ!と思えば、
仕事をするのは営業時間中が当然です。
だから、ブログは営業時間中に書くことをまず一番に考えてくださいね!


リアルの集客も、最初は自分の努力に見合う客数を取り込むことが出来ないけど、
ある時期まで来た時に、ブレークスルーポイントが訪れます。
だから、諦めずに続けることが大切なんです。


頑張りましょうね!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示