ブログ 今月最初に届いたお顔そり人数報告は、とっても小さなお店からの嬉しいお声 理容よもやま話
休日のiPhoneはマナーモード。メールが届くとブルブルって鳴るけど、
昔のガラケーと比べると、iPhoneってバイブレーションが弱いのが気になります。
と、そんなところにLINEが着信。


うん?嬉しそうな顔をしたパンダのスタンプが一個…メッセージ無しで(汗)
日曜日なのに、どうしたのかな?と思って返信したところ、


お疲れ様です(^O^)
盛り返してきました(O^^O)。
値上げ後に減ったお客様がまた少しずつ増え、やっと今月65名様でした♪
嬉しくて早くご報告したかったのです(*^^*)



そうか!今日は月末だから、もう月間のお顔そり人数が出ているんだね!


こちらのお店は、この春まで2,940円だった女性お顔そりエステメニューを見直し、
F22化粧品を始めとしたお顔そり美容法の商材とレザー走行法に変えることで、
メニュー料金を1,000円アップの3,940円に変えられたんです。


このメニューに変更するにあたっては、
東京講師のお店でご自身がお顔そり美容法を施術してもらったり、
友達をモデル代わりに連れて行き、お顔そり美容法を受けているところを見ることで、
多くのことを吸収したりと勉強していました。


ただ、今までが「お顔そりエステ」というメニュー名だった通り、
マッサージが付いていて2,940円というリーズナブルなお値段だったものが、
3,940円と一気に1,000円の値上げであったことから、
やはり、一部のお客様は離れていったそうです。


それでも、値上げから6ヶ月で元のお客様以上の人数に戻したのだからすごいですよね!
こうして考えてみると、価値のあるメニューを作り、そのメニューの持っている価値を、
お顔そりのぼり旗、オリジナルポスター、A型看板などでしっかりと情報発信すれば、
1,000円の料金アップであってもお客様は来てくださるし、
また、新規のお客様もしっかりとご来店いただけるってことです。


ところで、こちらのお店、実はとっても小さなというか狭いお店。
理容椅子が3台あるけど、当然のことながら女性用の個室などはないし、
椅子を寝かせると、後ろが狭いから人がすれ違うことも出来ない。
その上、椅子と椅子の間も狭いから、カーテンで仕切りを作ることも出来ないし、
以前にブログ記事でご紹介したツイタテだって置くことが出来ない。


こんな感じで、女性お顔そりのお客様をお迎えする環境としては厳しいものだけど、
それでも、現実に1ヶ月に65名のお客様が3,940円のメニューをされているのだから、
250,000円以上の売上になるんですよね!


「個室がないから」「カーテンで仕切れないから」「ツイタテが置けないから」
「女性客が増えると男性客を回せなくなるから」とやらない理由はいっぱいあるけど、
実際、こうした女性のための環境がまったくないお店でも65名のご来店があります。


また、50人以上も女性お顔そりが来たら男性客が回せないかというと、
1ヶ月に25日の営業日があったとして、1日に2人の女性客だから、
男性客が回せないほどの忙しさにもならないしね(笑)


確かに、女性お顔そりが1ヶ月に100人まで増えてしまい、
さらにはその方々全員が、90分の施術時間がかかるようなコースをお求めなら、
男性客を回せないほどの忙しさにはなるかも知れないけど、
90分かかるお顔そり+オプションメニューなら7,500円くらいの単価にはなるので、
女性だけで7,500円×100人=750,000円の売上になるでしょ?
そうなると、男性客の売上も抜いてしまうかも? (*≧m≦*)ププッ


お顔そりビジネスを成功させるために大切なことは、
いつまでに、月間何人のお客様をやりたいか、いくら売上を上げたいかを、
理容椅子一台を自分で経営しているつもりで、「自分」で決めることです。


「いつまでに、いくら上げる」という明確な目標が決まれば、
それを実現するために、どんな集客方法取れば、その人数が集められるのかが決まります。


女性は年を取れば取るほど、美しくあり続けたいと願うものです。
また、その時期になれば、時間にも金銭的にも多少の余裕が出てきます。
だからこそ、小さな理容室が「お顔そり美容法」を取り入れて行けば、
50代から70代のお客様が増え、多くの方が月に一度のリピーターになってくださいます。


化粧品を変えても、メニューやオプションを増やしても、お客様は増えません。


お顔そりビジネスを行っていく上で大切なのは、
女性お顔そりはうぶ毛を剃るのはもちろんのこと、
加齢とともに、厚く固くなっていく老化角質を適度に優しく取り除くことで、
お肌の新陳代謝を正常に近づけるための美容法なのであるという意識を持ち、
それを支えるためのお顔そり美容法技術や皮膚構造をDVDで学び、
そうした技術を行うために開発された、安心安全なF22お顔そり専用化粧品をお使いになり、
そうして得られた女性お顔そりの持つ上質な価値を情報発信していく技術を、
身につけていくことがとても大切なんですね♪


お顔そり美容法…今から始めるのじゃ遅いですか?
お顔そりビジネスの持つ力に気づいた「今」から始めるのが、一番若いあなたなんですよ♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示