ブログ BASARAスカルプケアラインの店販用POPを製作中! 理容よもやま話
一つ前の記事に紹介した、クラシエから発売される「BASARAスカルプケアライン」。
まだ、発売前ではあるけれど、お取引先にボチボチとご紹介を始めたところ、
なかなかの反応で、発売になったら導入を考えてくれるというサロンが目立つ。


それに、このボトルデザイン、ニューヨークの古い町並みで見かけるような、
ガラスに金文字で書かれたレタリングがありますよね?
あれに似ていて、ノスタルジックでありながら、何となくオシャレ。


「こんなシャンプー、バスルームに置いてあったらカッコいいよね!」とか、
「ドラッグストアで奥さんが買ってくるシャンプーは女性用ばかりなんだよ」、
はたまた「スカルプDみたいなスカルプ系シャンプーが人気!」などのお声もあるので、
プロユース商品をお分けする、店販商品としての位置づけも面白いかも?と思い立ち、
そうなると、ついつい作ってみたくなるのが「オリジナル店販用POP」(笑)


こういった「もしかしたら売れるんじゃない?!」といったものがあると、
「きっと売れそうな気がする」という思い込みになって、
最後には「いや、絶対にお客様は欲しがるよ!」という根拠の無い自信につながる♪


半分は遊び感覚で作っているけど、そこには大事なこともあるんです。
「価値が伝わらなければ、それは存在していないのと同じ」ということ。
お客様にとって、どんなに良い商品を使い、ホームケア用商品を用意していても、
その商品の価値がお客様に伝わっていなければ、それは使っていないのと一緒。
さらには、店販用ストックが置いてあっても、売っていないのと一緒。


だからこそ、商品の価値を伝えることが大切なんだけど、
そうは言っても、お客様に商品をオススメするのは苦手という方が実は多いんです。
それは押し売りのように感じてしまうからなのかな?


本当は「こんなに良い物がありますよ!」とお客様に役立つ商品をご紹介し、
そのあと、その商品を使うか使わないかを決めるのはお客様自身。


そんな時に役立つのが「POP」なんですね!
お客様の目につく所に貼っておいて、商品が気になったお客様は質問をしてくれる。
お客様からの質問にお答えするだけなら気楽に答えていけるでしょ?
気づいたら、お客様がその商品が欲しいと言ってくれる…
そんな形を目指して作っているのが、私のオリジナルPOP。


今回も、こんな感じで作ってみました。


20141113_1.jpg


縁取りはアンティークなイメージで深いグリーンにして、
商品のイチオシポイントの「髪のボリュームがすごい!」という点を伝えるだけ。
キャッチコピーでお客様の目に止まれば、その後の説明書きも読んでもらえるけど、
最初のコピーがお客様の心にストンと入らなければ、そこでオシマイ。
だから、キャッチコピーってすごく難しいですよね!


なお、こちらのPOPはBARASAスカルプケアライン商品を何点かお求めいただくことで、
ラミネート加工したものを、お届けしようかと考えています。
商品の組み合わせについては、考えている最中なので、発売日までには決めますね(笑)
あと4日しかないけど(爆)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示