ブログ チラシ新聞折込の効果を自分で試してみた! 理容よもやま話
店頭でお顔そりをしてもらえる仕事があることを知っているのは、
20~60代の女性の49.8%という数字もあるように、
まだまだ知られていない理容室でのお顔そり。


店頭に置いたのぼり旗やポスターであったり、A型看板での情報発信など、
お店の前まで来ていただければ、それなりの集客効果を上げることはできるけど、
お店の前を通らない人には、お顔そりの価値を伝えることが出来ないんですね!


そこで集客を目指している女性理容師さんが取り組んでいるのがチラシ作り。
郵便局や女性専用スポーツクラブ、知り合いのお店などに置いて貰う形が多かったけど、
新聞折込を始めた方も、少しずつ出てきている様子。


実は、当社でもお届けの荷物やら、発送用商品を梱包してもらったり、
伝票整理、請求書のお手伝いなどはパートの女性数人にもお願いをしているのだけど、
この半年余り、パート募集の張り紙を出しても、問い合わせが少ないんです。
たしかに、うちの会社、表通りや人通りのある場所でなく住宅地の裏通り。


20141109_1.jpg


入り口のドアに、ラミネートしたパート募集広告を出していたのだけど、
問い合わせもほとんどない。でも、時給だって1,000円とこの地域の世間相場だし。


20141109_2.jpg


そこで考えたのが「パート募集をしているという情報が伝わっていない」ということ。
最初は新聞に折込されているパート、アルバイト広告専門会社に頼もうかと思ったけど、
問い合わせてみたら、折込版費は杉並区全域で約10万部、
1枚の大きさはA4コピー用紙4枚分の中に7cm×6cmの小さな枠で28,000円。


う~ん、パートの方に交通費まで出すことは考えていないし、
近所の方で、午前中の3時間勤務を考えていたから、ちょっと馴染みにくい。
そこで、皆さんにもおすすめしている新聞折込チラシを自作して、
それを新聞屋さんに折込を頼むという形にしてみた。


まずはAdobe Illustratorを使って、チラシをデザイン。
以前は、こうした特殊なデザインソフトで作ったものでないと、
ウェブ印刷会社への入稿が認められなかったけど、
最近はMicrosoft Wordで作ったものでも入稿できる会社があるから、
一般の方にも、すこしだけハードルが低くなったかな?


20141109_3.jpg


近所の新聞屋さんに行って折込を問い合わせてみると、
販売店ごとにエリアがあって、ここの販売店では2,600軒が担当らしい。
エリアにすると、一番遠くでも自転車で5分程度。


20141109_4.jpg


折込にかかる費用は1枚あたり3.3円だというから、
実際にかかる費用は、3.3円×2,600軒で税別8,580円なんだね。
自分でポスティングして回るより、ずっと良いよね(笑)
それに、独身の男性、女性といった人たちは新聞を取らないだろうから、
逆に言えば、来てほしいと考えているお子さんのいる主婦の方に伝えるには、
ちょうど良い広告手段なのかも。これって、女性お顔そりも一緒だよね?!


そして印刷会社から届いたのが2,500枚のチラシ。
実際には、100枚以上の予備がついてくるので、2,600枚ちょっとかな?
そして火曜日に販売店に持ち込み、翌日の水曜日に折込をしてもらうことに♪


20141109_5.jpg


自宅もこのエリアにあるから、家に届いた新聞にチラシが入って少し感動(笑)


チラシの結果としては、水曜日から金曜日までの3日間に5人からの問い合わせがあり、
土曜日には電話応対の良かった2名の方と面接し、お一人を採用♪
ここまでかかった費用が、印刷費と折込代を含めて、税別14,240円なので、
最初に考えていたパート、アルバイト募集広告への掲載の半分ほどでした。


いつもブログでお伝えしていることだけど、
伝えていない価値は、やっていないのと一緒。存在していないのと一緒。
こちらは募集しているつもりでも、パート職を探している人に情報が届かなければ、
募集をしていないのと一緒ってことです。


お顔そりも一緒ですね!興味を持っている人に情報が届いてこその価値です。
今後はこうした集客方法も、お考えになるのも良さそうですよ♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示