ブログ モノを売ることとコトを売ることの違い 理容よもやま話
FC2ブログ
先日、お彼岸のお墓参りで、奥さんの実家のあった静岡県伊東市まで出かけた時のこと、
東京-伊東間というと、特急踊り子という特急列車がスタンダードなんだけど、
実は、この車両がとんでもなく古くて乗り心地が悪いんですよ。


そんなこともあって、なるべくなら特急踊り子は外したいところ。
そこで、行きは快速アクティーという、東京-熱海間を走る快速電車に乗り、
少しでも乗り心地を良くするために2階席のグリーン車をゲット!
グリーン料金は780円だから、踊り子の特急指定料金1,860円より安いしね♪


そして、帰りは逆に列車をグレードアップして、全席指定のスーパービュー踊り子に。
こちらは特急指定料金が2,240円と踊り子より、ちょっと高め。
その代わり、いかにも旅行に出かけているという気分にさせてくれるような、
窓がとっても大きく取られている、ちょっとオシャレな高級車両(笑)


このスーパービュー踊り子での楽しみの一つが、車内販売の生ビール。
電車での車内販売というと、2種類くらいの缶ビールを選べるくらいなんだけど、
スーパービュー踊り子では、ワゴンに生ビールサーバーを積んでいるので、
注文すると、その場で生ビールを注いでくれるんですよ♪


20140928.jpg


お値段は550円、量は500ccよりはちょっと少ない感じかな?
さらに、生ビールがあるから缶ビールは置かないかというと、これが意外にも。
こちらはスーパードライとプレミアムモルツの350ml缶から選べて、280円と310円。


ここで冷静に考えると、単に「ビールを飲む」という「コト」を買いたいだけなら、
280円の缶ビールで済む話なんだけど、周りを見ていると、生ビールのほうが売れている。


それはなぜかというと、お姉さんが目の前でサーバーから注いでくれるといライブ感、
そして、電車の中で生ビールが飲めるんだということをスマホで撮り、
FacebookやTwitterに投稿したい、友達に知らせたいと考えたりすると、
約2倍の価格差のある生ビールであっても、こちらを選びたくなるんですね(笑)


これが喉の乾きをいやすために「ビールを飲む」というコトに対して、
「スーパービュー踊り子の車内販売で生ビールを買って飲んでいる自分」という、
体験を売るという「コト売り」になっているということなんです。


コトを売る、体験を売るというと、体験型アトラクションをイメージされるけど、
そうではなくて、誰でもが簡単にイメージできる共有感を伝えるということが、
「コトを売る」という意味なんですけど(笑)


ちょっとした違いのように感じるかもしれないけど、
「モノ」を売ることと「コト」を売ることの違いを感じていただけましたか?



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示