ブログ 熊野筆シェービングブラシのお手入れ方法ついて 理容よもやま話
当社で一番人気の女性用シェービングブラシといえば「熊野筆のシェービングブラシ」
厳密に言うと、熊野筆のひげブラシというのは流通していないので、
こちらは洗顔石けんを泡立ててお顔を洗うための洗顔ブラシなんです。


20140710_0.jpg


このブラシは、山羊(やぎ)毛の中でも適度な弾力と、整った毛先をもつことから、
とても珍重される首の根元辺りの毛だけを100%使用したもので、
今までのひげブラシとはまったく別物で、ホワホワとした肌触りの熊野筆。


「熊野筆の洗顔筆はヒゲブラシとして使うといいよ!」とは言うものの、
元々がお顔を洗うための洗顔ブラシだから、柄の重さは普通の筆のようにかなり軽め。
だから、長い柄のものだと、カップの縁に立てた時に「ポロッ」外に落ちてしまうし、
逆に短い柄のものだと、泡立てをした時に、指から手まで泡だらけに (;゚ρ゚ )ゝ”


ちなみに、熊野筆のシェービングブラシで作った泡は、まるでホイップクリーム!
透明な気泡がまったく見えなくなるまで泡立てしていただくと、
濃厚でクリーミィな泡となり、女性のお肌を優しく包んでくれます。
お取引先の女性理容師さんの言葉を借りると、


ブラシが軽いという事が何よりいいです!生クリーム状態になったホワッホワの泡を、
柔らかい筆でお肌にのせた時の心地良さは、女性がうっとりしてしまうほどなんです♪



ほらっ!とっても気持ち良さそうでしょ?(笑)


その一方で、天然の山羊の一番柔らかい毛を使っているので、
使用方法、洗い方、保管の仕方に対しても、かなり敏感になってきます。
実は、こうした事例が起きていしまいました。


20140710_1.jpg


20140710_2.jpg


こちらは使い始めて1ヶ月ほどですが、筆先を整えるように筆を撫でるだけでボロボロ。
この現象については、製造元に連絡の上、原因を調査中ではありますが、
いくつかの注意事項がありましたので、皆様にお知らせしますね!


以前は「お使いになる前に台所用洗剤を薄めたものの中に2日ほど漬け込んで」と
ご紹介しましたが、洗剤の種類によっては脱脂力の極端に強いものがあるので、
なるべくなら、シリコンを含まないシャンプーや高品質のお顔そりソープを使い、
「長めに泡立てしてからブラシの石けん成分を洗い流す」という作業を、
ブラシの臭いがなくなるまで繰り返し、その後は、
付属のヒモで吊り下げて、日陰で乾燥して欲しいとのことでした。


洗い終わったものを、カップの中に毛を下向きにして置くと毛自体の痛みが進行し、
逆に毛を上向きにしておくと、本体と毛の間に水が溜まってしまい、
毛の根本を痛めてしまうので止めて欲しいというお話でした。


せっかく高品質で、お客様にも肌触りの良さを喜ばれる熊野筆のブラシなので、
お手入れにも気を配ってあげてくださいね♪


ちなにみ、お取引先以外からも地方発送のお問い合わせを数多くいただいています。


江沢さん、いつも情報をありがとうございます。
おたずねなんですが、熊野筆、お値段はおいくらでしょうか。
地方発送できますか?


価格は2,800円になります。
地方発送の場合は、送料が500円、代引き手数料が400円加算されます。
数がまとまると、送料サービスもあるので、ご相談くださいね♪


意外に安いんですね!!ちょうど女性用を探していたところです。
はっきり個数等きまりましたら、ご連絡させていただきますね!
ありがとうございます。



という具合なので、「このブラシが気になって仕方がないんです!」という方は、
お気軽にお問い合わせになってください♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示