ブログ BOWE×高村健太スペシャルトークライブで気付いたこと 理容よもやま話
海浜幕張にあるアパホテル&リゾート(東京ベイ幕張)で開かれたビッグフェスタin幕張は、
理美容メーカー44社による商品展示説明、そして特別価格での販売というバーゲンの側面と、
もう一つが情報発信として重要なセミナーでの組み合わせで開催されたけど、
その中で行われた「BOWE×高村健太スペシャルトークライブ」の中で、
改めて気づいたことがあったので、それをお知らせしますね!


今回のセミナーは都内に6店舗のメンズオンリーサロンを展開するJUNESのBOWE代表と、
メンズノンノ専属モデルからデビューし、今ではジュエリーブランドも立ち上げる高村健太氏n
スペシャルトークライブ。高村氏は、今では、JUNESのブランドディレクターもされているから、
注目の方ですよね!


20140616_1.jpg


さてさて、今、本気でBARBERがカッコ良い!40年に一度のブームと解説するBOWE氏。
ここで、現在のBARBER業界をイメージと数字で捉えていく。


20140616_2.jpg


20140616_3.jpg


一般誌でもBARBERがかっこ良く取り上げられる一方で、
理容師を目指して国家資格に合格する人は、1年間にわずかに680人。
理美容室が全国に35万店、その中で理容室は13万店、美容室は22万店。
コンビニが全国で4.7万店、歯医者が6万店ということを考えてもオーバーストアな業界。


理容室の全国組織である全理連の発表によると、組合員数は6万人強で、
経営者の平均年齢は、64.6才。全理連に加盟していない理容室の中でも、
クイックバーバーと呼ばれる1,000円カットや、総合調髪2,000円前後のサロンを、
今までに利用したことのある人は、全体の68%!
さらに、1,000円カットの満足度だけを見れば、75%が満足しているというのだから驚き!


BARBERがオシャレな取り上げられ方をされている一方で、
今のままではいけない、自分たちが変わっていかなくてはならないと
真剣に伝えるBOWE氏の声にも熱がこもってくる。


ただ、今の消費者の必ずしも安いものというキーワードで消費はしておらず、
良い物には消費しているという、コスパ世代。


そうした消費者に対して、年間6~8回のサロンメニューのワンデーケアだけでなく、
残りの358日のデイリーケアを意識した、提案を考えることも重要と続け、
クイックバーバーとは一線を画したサロンのあり方として、
プロの立場からお客様のライフスタイルに合わせた商品提案を最重要と捉えている。


20140616_4.jpg


お店づくりの上で大切なのが、コンセプトとターゲット。
お店側は、どんなお客様に来て欲しいのかを決めて、
お客様からどう見られるのか?を意識したブランディング、世界観を発信する。
その時にはコンセプトとターゲットに合わせたメニューと店販が重要。


そんな話の中でとりあげられたのが、頭皮ケア商品としての「レキシリス」と、
ウェットシェービングが注目されている中「BVOシェービングフォーム」など、
具体的な例を上げながら説明してくれたけど、これがわかりやすかったな!


その中で、改めてお客様に薦めてみようかな?と自分が感じたのが
頭皮ケア商材としての「レキシリス ブラックシャンプー」


20140616_7.jpg


髪には毛周期というものがあり、一定の期間が経った髪の毛は成長期を終えるのですが、
そのきっかけとなるのが「FGF-5」というタンパク質。
これが正常な期間の成長期の後に出るのが本来の姿であるのに、
成長期の早いタイミングで出てしまうと、まだ成長中の髪の毛が抜けてしまうことに。


この「FGF-5」というタンパク質が出るのを抑えるという考え方から作られたのが、
レキシリスブラックシャンプー。医薬部外品はではないから効果効能は言えないけど、
髪の毛が本来成長する期間をしっかりと成長すれば、髪の毛は太く長く育つはず。
そのために、FGF-5が出るのを抑えるという考え方は、
それはちょうど、サッカーでいうところの最後の守護神、ゴールキーパーの仕事だと。


うんうん、この説明ってわかりやすいですよね!


この部分の説明をイラストと言葉でPOPにしたら、お客様に価値が伝わるだろし、
価値が伝われば、今のお客様は良いモノを選んでくれるはずだから、
結果として、ワンデーケアはサロンで行いながらも、
日々のデイリーケア商材を、お客様にお求めいただくことも出来るはずですよね!


う~ん、新しいメンズ向けのPOP作り、考えてみようかな♪


そうそう!


セミナーの途中で、エナジードリンクとして人気のレッドブルをプロモーションする、
レッドブルガールという女の子たちが入ってきて、新製品の試飲を薦めていましたよ!


20140616_5.jpg


20140616_6.jpg


これだって、オロナミンCやユンケルみたいなオジサンイメージだったものを、
若者のドリンクとして、新しい価値を発信しているスタイルですよね?


最後に、彼女たちが乗ってきたレッドブルカーの前で記念写真 (*≧m≦*)ププッ


20140616_8.jpg


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示