ブログ 今治ムシタオル、価格改定のお知らせ 理容よもやま話
FC2ブログ
当社お取引先の中で、一番人気のムシタオルといえば、
愛媛県今治市のタオルメーカーで作ってもらっているオリジナルムシタオル。


今治って、国産タオルの中ではダントツの人気だけど、
意外なことに、理容室で使えるような、ちょうど良いタオルがないんです。
そこで、オリジナルで作ってもらって販売しているのがこちら。


20140528_1.jpg


20140528_2.jpg


タオルでヒゲとお顔を蒸すのには大切な効果があります。
しっかりと蒸されたヒゲは柔らかくなるので、レザーへの抵抗を減らすことができ、
その結果、カミソリ負けを防ぐことが出来るし、
毛穴を開かせ、毛穴に埋まっているヒゲを起こすことで、
レザーが通過した後の、ヒゲの剃り残しさえも減らすことができるんです!


また、お肌に対しては、水分を与えて温めるスチームサウナ効果で、
血行やリンパの流れが良くなるとか、 毛穴を開かせることで、
ローションや美容液などの浸透を高めたり、眼精疲労や疲れ目の解消するなど、
最近ではリラクゼーション効果も言われるようになりました。


そして、ムシタオルの使い方で、一番気持ちが良い~と思うのは、
お顔に適温のムシタオルを乗せ、その上に、熱めのものをもう一枚乗せる。
そして、その上に乾燥した薄手のタオルを一枚乗せるというもの。
これをやられると、ほとんどの人があっという間に夢の中へ (σ´Д`)σ


ちなみに、当社で取扱いしている、タオルの最も大きな特徴は「吸水性」


今治タオルは、使う前に洗濯しなくても、水を吸ってくれるタオルであり、
柔軟剤を使用する必要がないほど、しなやかで柔らかなタオル。
その吸水性は、タオル片を水に浮かべ、5秒以内に水に沈むかどうかというテストを、
未使用品、三回洗濯したものでテストする…と言われているほどなんですね。


そして、もう一つのオリジナルムシタオルが女性用に使いやすいピンク色。
こちらは赤線ムシタオルと同じ糸を使い、同じ織り方をしているけど、
染料が一般のカラータオルとは全く違うんです。


20140528_3.jpg


20140528_4.jpg


カラータオルって洗濯を繰り返しているうちに色抜けしますよね?


ところが、こちらのカラームシタオルで使っているのはスレン染料。
日光や繰り返しの洗濯にも強い染料で、作業用ユニフォームやGパン、
そして店頭に飾られる、のれんなどに使われているものです。


その一方で、スレン染料は水に溶けないことからムラになりやすく、
特殊な染色加工に手間がかかる上、原料コストが高いことから、
染色コストが高くなり、結果、タオルが高くなるのが欠点 _| ̄|○


その上、ここに来て綿花は高騰しているし、染料も値上がり傾向と、
今まで抑えてきてもらった価格をこのたび、見直すことになったそうです。


そうは言っても、商社から配布されているセールチラシを見る限りでは、
同じ重さのタオルと比較しても、今治だから高いということもないので、
ムシタオルを取り替えようかとお考えの方にはおすすめの商品です♪


今日もFacebookに値上がりの速報を書き込んだとこと、
以前にお求めいただいたお取引先から、お使いになった感想のコメントが。


今までのスチームタオルとは全く違い、このタオルを使っただけで、
かおそりがグレードアップしたような気がします(^^)
値上がりは残念ですがしかたないですよね(岡山県 男性理容師さん)



ご無沙汰しております!ウチでも、使い始めて1ヶ月近くなりますが、
今まで使っていたのと比べると、水分量が全然違うので、
濃いヒゲの方でもしっかり蒸すことが出来て最高です!

更に、耳までしっかりと包み込めるので、お顔剃りが終わった後のお客様の、
気持ち良かったというお声を、頂けることが増えました。
このタオルに出会えたことに感謝しています♪(福島県 男性理容師さん)



うちでは、季節ごとに簡単な癒しサービスを提供しています。
今の時期は、目の疲れケアです。

このタオルを8つ折りにして目に乗せ、寝かせたままで
ヘッドマッサージするのですが、水分量が多いのでたっぷり時間が取れます。
最後はひっくり返して首まで温められて喜ばれています♪(秋田県 女性理容師さん)



と、まるで皆さん、優秀な営業マンのようなセールストーク(笑)


今回、値上がり前に多少のストックとしてタオルを仕入れしましたので、
ご希望の方には、その在庫がある分だけ、旧価格にてお分けいたします。
詳しくは、サイドバーにあるメールフォームからお問い合わせください♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示