ブログ ビーグラッドカミソリへのお問い合わせが激増中! 理容よもやま話
FC2ブログ
女性お顔そりが盛り上がってきてからというもの、
ビーグラッドというカミソリについてのお問い合わせが増えています。


実は、このビーグラッド、最初に発売になったのは、もう10年以上も前の事ではあるけれど、
関西の小さなメーカーの商品なので、あまり知られていないんですね。


その商品が昨年の末に、材質をクロームからステンレスに変えたという記事は、
以前にアップしたので、お読みになった方もいらっしゃいますよね?
ということで、復習を兼ねてビーグラッドのお勉強を♪


ビーグラッドは、ちょっと変わった形をしたカミソリで、
皮膚に対するカミソリの対皮角度や圧力のかけ方が独特なんです。
まず、一般的なカミソリはというと、皮膚に対してこんな感じに、
カミソリの刃の圧力は、皮膚に向かってもかけられているので、
力の入れ加減によっては、皮膚へのダメージも起きてしまいます。
ここを皮膚を傷めずに、ヒゲのみを剃って行くのがプロの仕事 ( ̄ー+ ̄)キラン


20140510_7.jpg


さて、皮膚表面にある角質層の厚さって意識したことありますか?
ここが0.01mm~0.03mmと言われていて、○ランラップ1~3枚程度なんです。
これだけ薄いものに対して鋭利な刃物を入れるのだから大変です!
ちょっと力がかかっただけでも、お肌がヒリヒリ・ガサガサになってしまいます。


そこで、ビーグラッドが提案するのが、対皮角度をゼロ度にするシェービング。
独特の形状をしたボディを寝かせて皮膚に押し付けることで、
皮膚に沈み込んだカミソリが、真横からヒゲをとらえるので、
皮膚への圧力を限りなくゼロに出来るという考え方なんですね!


20140510_6.jpg


このおかげで、色々なメリットが生まれてきます。


●まるで丸いスプーンの裏でこすられているような優しい感触。
●カミソリで皮膚を切る心配がほとんどなくなる。
●新しい刃をいきなり使っても、血を吹く心配がほとんどない。
●逆剃りしても、かゆみや肌荒れが少ない。
●お肌を傷めないので、カミソリ負けしにくくなる。
●カミソリに力を入れても皮膚への当たりがソフトである。
●ヒゲの濃い人でも不安を感じにくい。



それでは実際に、現行のステンレス製ビーグラッドを見てみましょう!


20140510_1.jpg


ハンドル部分の独特のアールが特徴のビーグラッド(日本刀)。
形状としては、折り畳みスタイルのレザー型と写真の日本刀型があります。
ちなみに、当社で常備しているのは、日本刀型ですが、その理由は後ほど説明しますね!

替刃はフェザー、シックなど、ほとんどの替刃に対応していて、
刃の交換する時は、ホルダー部分を外して、ここに替刃を載せてセットします。
中に見えているのはシリアル番号で、両側に刻印されています。


20140510_2.jpg


蓋を外さないと替刃の交換が出来ないという点は不便ではありますが、
逆に言えば、ホルダーの中まで完全に洗浄、消毒することが出来るので、
衛生面でも安心してお使いになることが出来るというメリットもありますよね♪


さて、ここで注目が重さなんですが、ほら、51gもあるでしょ?


20140510_3.jpg


他のカミソリよりも10gほど重くなっていて、刈込用ロングシザーと同じくらい。
この重さがあるからこそ、手に力を入れずに、カミソリの重さで運行できるんです。


なお、日本刀型にはハンドル部分のスペアラバーが1本ついていて、
これは、旧型クロームメッキタイプとも形は一緒で使うことが出来ました。
また、取扱説明書には、カミソリの使い方なども書かれているので、
ビーグラッドを持つのが初めて!という方でも安心ですね (σ´Д`)σ


20140510_4.jpg


20140510_5.jpg


さてさて、先ほど、常備しているビーグラッドは日本刀と書きましたが、
これには、女性お顔そりの盛り上がりも影響しているんです。
女性のお肌は男性よりもさらに薄く、敏感になっているので、
なるべくお肌に優しいカミソリを使いたいという女性理容師さんから、
圧倒的な支持をいただいているのが、こちらのビーグラッド(日本刀タイプ)。


女性のお顔は男性に比べるとパーツが小さいので、
レザータイプのようにハンドルがあると、ここが邪魔になりやすいんです。
そんな理由もあって、日本刀型の方が圧倒的に多いんですけどね(笑)


それでは、お顔そり美容法の場合はどうかと言うと、
基本は、ビーグラッド(日本刀)にフェザープロガードの組み合わせです。
ただ、カミソリの使い方がちょっと変わります。


お顔そり美容法では、カミソリを持つ手に力を入れず、本体の重さのみを意識し、
リンパの流れや筋肉の方向を意識して、カミソリの走行を行うので、
2番目ののイラストのように、思い切ってカミソリを寝かせてしまうと、
ボディが皮膚の上に浮き、うぶ毛が滑ってしまい、まったく剃れません。


そこで、1番目よりもやや起こした角度(約45度)で皮膚にカミソリを置き、
そのまま滑らせるようにカミソリを走行します。
そんな角度では皮膚を傷めてしまうんでは?と思われますが、
カミソリの重さのみなので、皮膚への圧力はほとんどない状態なんですね♪


という事で、男性、女性でのカミソリの使い方に違いはありますが、
どちらもお肌を傷めない、素晴らしいシェービングを体験出来ますので、
機会があったら、ビーグラッドの剃り味をお試しになってみてください!
その気持ち良さに驚かれますよ (*≧m≦*)ププッ


あっ!あと、ご注文の際には、レザー型、日本刀型の形状の違いだけでなく、
持ち手のラバー部分やハンドル部分がブラックかホワイトピンクの色指定と、
お使いにある替刃がフェザー用、シック用かなど選択肢がいくつかあるので、
詳しくはお取り扱いディーラー様へご相談してみてくださいね♪


肌にやさしい痛くないカミソリ ビーグラッドのウェブサイト



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



お顔そり美容法 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
お世話になります。
こちらを欲しいのですがおいくらですか?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示