ブログ PLIAウェーブローションはリニューアルと言うより新製品か?! 理容よもやま話
FC2ブログ
先日の4/20からリニューアル商品の出荷が始まった「PLIAシリーズ」
見た目はそんなに変わらないから、小さな変更かと思っていたけど、
調べてみると、とんでもなく進化した新しいウェーブローションらしい。


今日はケミカル的なお話じゃなく、誰でもわかるように、
噛み砕いてご説明させていただきますね!
まずは商品パッケージをご覧ください♪


20140506_1.jpg


はい、見た目はほとんど変わった感じがしません。
「BASEがポンプになったな~」とか「CTが30じゃなくて40」に、
そして「COSMEが30じゃなく35」になったか?という程度ですが、
実は恐るべき力を秘めているんですよ (*≧m≦*)ププッ


まずはプロセスを確認しますね!


20140506_2.jpg


見ての通り、ものすごくシンプル!
今までだと、前処理にはこちらのトリートメントを使いますが、
ダメージレベルが3までは○○○を使い、それ以上は、△△△をと、
部位やダメージ見ながら使い分ける必要があったり、
アフターケアともなると、システムトリートメントで5工程とか、
考えるだけでも大変だったのが、これはそれぞれ1工程ずつで、
さらには、塗布して流すだけというタイムゼロ処理と言う便利もの!


ということで、詳しく見て行きましょう!


さてさて、まずは前処理になるベーストリートメントです。
パーマの前には必ずシャンプーしてますよね? ( ・ω・)モニュ?


シャンプーを流した後に、ベースを2プッシュ(ショート)手に取り、
髪にしみ込ませるイメージでしっかりもみ込んだ後、良く流します。
まずは、パンフレットに載っているこちらのイラストをご覧ください。


20140506_3.jpg


分りませんよね? _| ̄|○


ベースの働きは2つ!
一つはダメージ補修で、二つ目がもっと大事な「呼び水効果」
これは、1剤が吸い込みやすくなるための前準備になっていて、
結果、効きが早くなるので、1剤のテストカールは5分で行うんです!
今まで10分以上たってからテストカールしていたのを思えば、
このベース剤の効果は劇的ですね!


ちなみに、この呼び水効果を実際の毛髪でテストしてみると、
未処理の髪だと1剤が42%垂れ落ちるのに対して、
ベース処理済みの毛髪は22%と半分程度になるんですよ ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


続いて、1剤のイラスト。これも分りにくい _| ̄|○


20140506_4.jpg


簡単にいうと、傷んでいる部分には1剤が弱く働き、
健康な部分にはしっかり働くようなセンサー付き1剤なんです。
かなりアバウトだけど、イメージはそんな感じ。


テストカールを完了したら中間水洗。
なるべくならしっかり流したいけど、無理ならスポイトで流しましょう!


はい、2剤塗布です。2剤は塗布して10分+二度目塗布5分が基本。
こちらもイラストです。


20140506_5.jpg


今までの2剤というと、酸性側で効果を発揮しやすいので、
酸性ブロム、別名、臭素酸ナトリウムでカールを固定するというけど、
表面の酸化速度は速いのに、内部の酸化が遅いという傾向があったんです。


そこで、この2液は中性ブロムにすることで表面と内部の酸化速度を調整し、
さらに、爪を作っているのと同じケラチンPPTが含まれているので、
2液でしっかりトリートメントできるという優れもの!


そして最後がフィックストリートメント。
これは、ロッドアウトして、薬剤をお湯で十分に流したところで、
2プッシュ(ショート)を手に取り、軽く髪に馴染ませてすぐに流します。


20140506_6.jpg


この時に、髪表面をさらに弱酸性領域に戻すと同時に、
2剤で入れたケラチンPPTを液状から水に溶けない固体に変化させ、
髪内部から流出しないようにしてくれます。


いかがでしょう?分りやすかったですか? ≡≡(;´Д`)ハァハァ


ケミカルに詳しい方からすると、そんな説明じゃ…と言われるけど、
なるべくシンプルに、それでいて良い仕上がりが出るのが、
今回のシリーズだということはご理解いただけましたよね?(笑)


ちなみ、ウェーブローションの種類は4つ。
TG80、TC60、CT40、COSME35で、数字が大きいほど健康毛に使えます。


なお、もっと詳しいことがお尻になりたい方は、
全国のルベル商品取扱いディーラー様にお問い合わせください♪
ただ、まだリニューアル品と現行品がどちらも流通しているので、
ご注文の際は、そのあたりだけご確認くださいね!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
新製品 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示