ブログ 女性お顔そり行程の練習用フェイスの詳しいご紹介 理容よもやま話
女性お顔そりと言うと、カミソリを当てる工程だけをイメージしがちだけど、
ポイントメイククレンジングでのメイクオフから始まり、
クレンジングジェルをマッサージ感覚で使うことで、リンパの排出を助け、
お顔の筋肉をほぐして柔らかくし、皮膚表面をお顔そりに適したお肌にする前工程。


その後、濃縮美容液で保湿した上で、柔らかな泡を乗せてのお顔そり行程。
お顔そりを終えてからは、活性化したお肌を鎮静するコンディショニングパック。
そして仕上げに向けてのスキンローション、スキンケアエッセンスと言った、
一通りの流れを含めて、女性お顔そりになるんですね!


そんな流れを練習するためのパートナーがこちらのフェイス。


20140228_1.jpg


先日、こちらの商品をお届けしたお取引先での様子をご紹介したけど、
「もっと詳しい説明を!」とか「地方でも買えますか?」の問い合わせが多いので、
改めて商品のご紹介をさせていただきますね♪


パーツは大きく分けて2つの構成。
一つはフェイスを固定するための万力部分と、もう一つがお顔側だけのフェイス部分。
フェイスの裏側には、こんな穴が開いていて、ホルダーに固定されるんです。


20140228_2.jpg


まずは、万力部分をテーブルやワゴンなど板状のものを挟み込むようにして、
しっかりと奥まで差し込んでから下のハンドルを回し、
グラつきがなくなるように固定します。
この時にテーブルの厚さは6.5cmまでなら大丈夫でした。


20140228_3.jpg


そして、お顔を自分から見て逆さまになるようにセットします。
これは、寝ているお客様の頭側に立っている、技術者の位置となります。


20140228_4.jpg


この時、フェイスを真横から見ると、こんな感じで8cmほどの空間ができ、
このまま、クレンジングやお顔そり時の添え手などをすると、
あご側が、グッと沈み込んでしまうんですね!


20140228_5.jpg


そこで、タオルを8つ折りに畳んだものを4枚挟んでおきます。


20140228_6.jpg


こうすると、あご側が沈みかけても、タオルがクッションになることで、
実際の人の反発力と同じような感じになるので、練習にはピッタリの環境に♪


相モデル練習は、休日にお友達の女性理容師さんにお願いしないといけないし、
ご主人にモデルをお願いしても、、それほど何度も付き合ってはもらえない(汗)
それに、男性のお顔だと、顔の大きさも全然違うしね。


万力パーツをテーブルに止めた外したりするのも1分ほどで簡単だから、
お店だけでなく、家に持ち帰って練習することだってできるし、
もちろん、お友達と集まっての練習会にだって持って行ける。


ということで、これからお顔そりに力を入れて行きたいという理容師さんには、
こちらの練習用フェイスをお勧めします♪


ご希望があれば、送料や代引き手数料はかかってしまいますが、
フェイス込みでお顔そりお客様お一人分ほどの費用でご用意いただけますので、
詳しくは、ブログのサイドバーにあるメールフォームか、
Facebookメッセージでお問い合わせになってくださいね (σ´Д`)σ



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示