ブログ プロの当たり前をお客様に伝えるのが情報発信 理容よもやま話
FC2ブログ
自分でもブログを書いているけど、人のブログもいっぱい読んでます。
その数、理容関係を中心にして、今日現在で92本 (*≧m≦*)ププッ


登録しているブログは毎日更新している人のものばかりじゃないし、
中には1週間に2回、またまた1ヶ月に2回なんて人もいるし、
それこそ1ヶ月以上更新されていないブログもある。


これらはブラウザの「お気に入り」に入れてあるのではなくて、
新しい更新された記事だけを拾い読み出来る専用ツールを使っているから、
1日平均で50本くらいの記事を読んでいるのかな?


そんな中で、今日読んだ中で「一番面白かったな!」と感じた記事は、
電気屋さんが書いていた「知ると誰かに話したくなる掃除機の常識」。
そこに書かれていたのは、掃除機から電源コードを引き出した時に出てくる、
黄色と赤色のテープのお話。


掃除機から電源コードをお引き出していくと、途中で黄色のテープが出て、
そのすぐ後に赤色のテープが出てくるけど、
自分は「黄色」はそろそろコードのオシマイですよのお知らせで、
「赤色」はこれ以上、コードは出ませんの合図だと思っていたのだけど、
どうやら「黄色」のテープの意味は違っていたらしい(汗)


正解は「ここまでコードを出して使ってください」の合図なんだと ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


その理由と言うのが、掃除機の中にコードを収納した状態のまま使用すると、
掃除機が熱を持ちすぎて故障の原因になるのだとか。
いや~、電気屋さんにとっては当たり前のことであっても、
こうして、初めて知ってビックリってことはいっぱいありますよね!


同じように、去年に出かけた城崎温泉のホテルでの一コマ。


部屋の入ると、テーブルの上に宿の案内が置かれているのだけれど、
普通のお宿ならば、「大浴場はどこどこ」「食事処はどこどこ」、
そして「フロントは電話の何番」などが一覧になって書かれているものなんですが、
ここでは、ゆかたの着付けポイントが一番上になっていました。


●「ゆかたには特大、大、中、小があります」
●「男女とも左側が上前になります」
●「丹前を着る時は、ゆかたと丹前を合わせてから帯を結びます」



などなど、宿からすれば当たり前のことかも知れないけど、
温泉宿をあまり利用したことのない人からすると知らないことがいっぱい!


部屋に置いてある浴衣は男性の場合は「大」、女性は「中」であることが多いけど、
他にも特大や小があるなんて、知らない人だっているはず。


また、男女の洋服で前ボタン式だと、男性は右にボタンで、女性は左にボタン。
これは男性が左前、女性が右前と言うけど、和服だと男女とも左前。
これだって、知らない人がいますよね?


そして、めったに着ることのない丹前。
これは、厚く綿を入れた防寒のための日本式の上着で「どてら」とも呼ばれていて、
これを着る時は、最初に浴衣を着、その上に丹前を重ね着し、
浴衣と丹前を重ねて左前にし、帯で結ぶという着方をするのが正式な形。


でも、これを知らない人が多く、まるでマントのように浴衣の上に羽織ったり、
浴衣を着ずに、丹前だけ着る人がいるのだとか(汗)


でも、和服を着る機会が少なくなっているから知らないんですよね~
だからこそ、大浴場や食事処のお知らせの前に、浴衣と丹前の着方を知らせる。
これこそが、お客様の知りたい情報だということなんです。


つまり、プロの電気屋さんにとって掃除機のコードの黄色テープの意味と、
温泉宿の浴衣と丹前のをどう着たら良いのかは同じ意味で、
プロにとっては当たり前だけど、お客様に伝えると喜ばれる情報なんです。


情報発信とは、ものすごく難しいことのように感じてしまうけど、
プロにとっての当たり前の、お客様に伝えること、それが情報発信なんですね!


例えば、理容室の中にあるもので考えるのならば…


タオルスチーマーってガスなの電気なの?
お顔そりの時に顔に蒸気を当てるのはどうして?
ムシタオルと胸元に置くタオルは同じもの?違うもの?
ハサミにはどんな種類があるの?
カミソリの刃の消毒ってどうしているの?
客待ちの本棚には、どうして「ゴルゴ13」が置いてあるの?(笑)



などなど、プロにとっては当たり前で、お客様が知らないことは山ほど!
こうしたプロにとって当たり前のことを伝えることも大事な情報発信。


店頭のA型看板、新聞折り込みチラシ、ブログなどのツールを通じて、
こうしたことをお伝えしていくことで、お客さまから


( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー


となるんです。ぜひ試してみてくださいね (σ´Д`)σ



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
いつも、ためになる記事を
ありがとうございます。
このように提案して頂けると、
ブログを書く意欲が湧いてきますね。
掃除機のコードの話は、目から鱗でした^_^;
是非、試させて頂きたいと思いますm(__)m
No title
> 笹原さん

なるべく、そのまま使えるものを提案し、
そこから、自分なりの形に変えて行けるようにと思ってます♪

管理者のみに表示