ブログ 用事のない平日休みは、日帰り温泉で命の洗濯 理容よもやま話
FC2ブログ
普段は日曜日にお休みをいただいているけど、
その他にも、会議やイベント、講習がない月曜日もお休みすることで、
1ヶ月に6~7日の休日を頂くようにしていたけど、
今年はなぜかバタバタしていて、日曜日以外のお休みが取れていないんです。


その上、ここ2週間連続で土曜日が大雪になったこともあり、
日曜日も振替出勤していたりして、3週間休みなしになっていたので、
ようやくの平日休みを利用して、車で20分ほどのところにある日帰り温泉へ。


こちらは、東京の温泉ランキングでも常に上位に入る人気の温泉。
地下1500mから湧き出る源泉掛け流しの湯は、
うぐいす色をしたにごり湯のナトリウム塩化物強塩泉で、
温泉の質がかなり強いので、うっかりすると湯あたりしてしまうほど。


今回は、疲れもあってリラクゼーションしたいから、手もみ処を予約。
温泉で温まってから、和室に設けられた手もみ処で心行くまでマッサージ。
「右側がバリバリですね♪」と言われるほどだけど、
確かに、ここしばらくは、首を右に向けても、あまり回らなかったな~


身体をほぐした後は、美味しい生ビールとお蕎麦でランチ。


20140218_1.jpg


ここのお蕎麦はかなり本格的で美味しいんですよ!
古い建物をここへ移築したという、昭和の風情溢れる食事処から眺める枯山水の庭は、
ここが家から車で20分ほどだということを忘れさせてくれるような趣。


午後は岩盤浴で汗をたっぷりかいて、気分リフレッシュ!
でも、気づかないうちに岩盤浴しながらお昼寝してしまったな~ (σ´Д`)σ


日帰り温泉の楽しみの一つが、和室の畳の上でのんびりしながらの読書。


20140218_2.jpg


この本は「まえがき」に書かれていた一言で買ってしまったビジネス書で、
多分、今の自分にも、またお取引のお客様にも役立ちそうな内容。
その気になった一言と言うのが、


「職人は黙っていいものをつくっていればいい。商品力さえ磨いていれば、
多くのお客様に真っ当に評価されて売り上げは後からついてくる」
腕のいい職人はこのように考えがちですが、現在のビジネスでは通用しないでしょう。
何もこれは飲食業やスイーツ店だけに言えることではありません。
一般の会社にお勤めの方々にも同じようなことがいえると思うのです。

私はイタリアン・レストランの経営で、一度どん底を味わっています。
その後、必死に店を立て直してきた中、私のような職人の個人商店主でも、
売り方やブランディング、インターネットへの対応を真剣に考えるべきだと思い知らされました。



これ、ホントですよね!
先日も女性理容師さん向けに女性お顔そり集客セミナーをさせてもらったけど、
その時にお話しした時の一つが、見事にこのままのこと。


皆さんは、女性お顔そりの技術を高めるために相モデルによる練習会を行っているし、
その技術を支える化粧品もお使いになっているでしょう。
でも、そうしたことは発信して行かなければ、やっていないのと同じなんです。


自分の強みを知る、独自化する、ブランディング…色々な言葉はあるけど、
あなたのお店で、あなたのおススメしたいメニューを買うべき理由を、
お客様にしっかりと伝えて行かなければ、お客様は買ってくれないのです。


う~ん、のんびりと畳で読書のつもりが仕事のことを考えてる(汗)
でも、身体の疲れはすっかりと抜けたから、またまた頑張りますよっ♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示