ブログ オリジナルのぼり旗のデータ入稿が完了 理容よもやま話
FC2ブログ
昨年末から作業を進めていた、オリジナルのぼり旗の制作が、
本日、印刷会社への完成データ入稿をもって、一段落 (σ´Д`)σ


今回の企画は、去年の秋くらいから話が出ていたものだけど、
以前に製作をお手伝いした、女性理容師ネットワーク様ののぼり旗に興味を持たれ、
自分のところでもオリジナルのぼり旗を作れないか?というお問い合わせ。


本来なら、もう少し先になって、数がまとまってからの製作を考えていたけど、
参加されている女性理容師さんの皆様の熱心さもあり、
数は少なくても構いませんので作りましょう!という話しになっての急展開(笑)


と言うことで、最終的に印刷会社に入れるデータはこんな感じ。


20140115_1.jpg


これは、のぼり入稿用テンプレートというもので、
白抜きになっているのぼりの部分でデザイン決めを行い、
それも、単に画像ソフトで好きなデザインを作っていくのとは違い、
そのまま印刷会社にある、コンピューターに直接流し込むことの出来る、
「完成データ」を作るための土台になっているんですね!


ここに書いてある600mm×1800mmというのが、のぼり旗の完成サイズ。
だから、ここでは小さく見えるかも知れないけど、
デザインは実寸大で行っているんです。これってすごいですよね!


見慣れない言葉では「チチテープ」というのが書いてあるけど、
これは、のぼり旗にポールを差し込む、輪っかの部分の名前なんです。
今回の場合は左から付けているけど、どこに着けるか、いくつ付けるかなどは、
こちらで指定するようになっているんです。


他にも、ドブ(塗りたし)という部分があって、
これは、のぼり旗の縁に各2cmずつ大き目に残されている生地の予備部分。
最終的には裁断時に、カッターで切り捨てられてしまう場所ではあるけれど、
印刷時に多少のずれが出ても、縁に白い隙間が出来たりしないように、
余裕をみて、作ってあるので、ここまで塗りたししておくんです。


こうした印刷を前提にしたデータを作る場合、
一般的に使われているのが、IllustratorやPhotoshopというソフトで、
お値段も高いので、以前はプロデザイナー専用みたいなところがあったけど、
旧バージョンを購入するなどで、比較的、リーズナブルな価格で入れられるので、
自分みたいに、プロでもなんでもないのに、使っている人も増えているみたいだし。


あと、聞きなれない言葉としては、カラーモードは「CMYK」を使うようにとか、
文字はフォントをそのままでなく、アウトラインに変更するなど、
普通にパソコンを使っている時には聞かない言葉も出てくるけど、
分からないことは調べたり、質問したりして、少し出来るようになって来たかな~


ということで、今までなら既製品を仕方なく使うか、
プロデザイナーにお願いして、1枚あたり数万円の費用で作っていたものが、
自分の好きな言葉、好きなデザイン、好きな写真を使いながら、
それも、1枚あたり、2000円前後から作れるようになったのだから、
世の中の変化ってホントにすごいですよね!


さてさて、データ入稿を済ませると、約1週間で印刷完了の予定です。
お申し込みの皆様、もう少しだけ、お待ちになってくださいね!
可愛いピンクののぼり旗が、皆さんのお手元に届きますので、
店頭に飾って、女性のお客様にアピールしてくださいね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示