ブログ たかが名刺、されど名刺 理容よもやま話
FC2ブログ

たかが名刺、されど名刺

2013/12/13 Fri 19:35

先日、シェービングアカデミー卒業生を対象にしたセミナーを、
神戸で開かせていただいたけど、参加者の中の数人から、
メールやFacebookでご連絡をいただくようになりました。
東京と神戸、大阪、京都というように、実際には遠距離であっても、
リアルタイムで交流の出来るネットワークって、ホントに便利ですよね~♪


さてさて、セミナーや忘年会でお話をしたこともあり、
女性お顔そりを紹介するチラシの作り方を相談されたり、
ブライダルシェービング動画のダウンロードのご希望であったり、
中には、商品のご注文をいただける方まで ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


ただここで、ちょっと困ったことが。


忘年会では参加者22名のうち、18名が女性理容師さんだったんです。
その際、ご挨拶をいただいた方には私から名刺をお渡ししたけど、
ほとんどの方が名刺をお持ちじゃないんですね~
結果、名刺をいただいたのは18名の中のたった2名 _| ̄|○


確かに、忘年会の席では全員が自己紹介していたけど、
みんな、お酒も入っているし、一人一人の名前までは覚えていないし、
また、お名前はお聞きしたけど、サロン名は聞いていないとかで、
どうも、電話やメールでのやり取りがちぐはぐに ヾ(;´▽`A``アセアセ


ご主人がお店の店主で、奥様はそのお手伝いだけなら、
名刺をお持ちでなくても仕方がないな~と思うところだけど、
サロン内サロンでお顔そりルームを持っていたり、
お顔そりをビジネスとして捉えて、ますます増やしていきたいと思うなら、
やはり、ご自身の名刺を持つというのは、
とっても大切なことじゃないかな?って思うんです。


ちょっと極端な例かもしれないけど、こんな例も。


営業関連の方と初対面でお会いした時は、まずは名刺交換から。
その時「すみません、名刺をちょっと切らしていて…」という人がいます。
ホントにたまたま切らしている人もいるかもしれないけど、
ずっと切らしたまま、補充していない人もいるんですね。


で、人に会うのが分っていて、それでも名刺を持ってない営業さんとは、
基本、ビジネスの話をすることはお断りしています。


たかが名刺かも知れないけど、最初の基本が出来ていない人と、
一緒に仕事をする気にはなれないというのが自分の気持ちなんです。
ちょっと厳しすぎますか? (*≧m≦*)ププッ


もちろん、女性理容師さんの場合は、ちょっと違いますけどね!
ただ、将来的には女性のお客様をもっともっと増やして行きたいし、
出来ることなら、お顔そりだけで独立したお店を持ちたいというように、
お顔そりを本物のビジネスとして捉えているのなら、
ご自身の名刺を持つというのは、ビジネスの基本だと思いますよ♪


あと、今回の方々に限らず、Facebookの友達申請も数多くいただくのですが、
自己紹介のメッセージを添えてくれない方が多いんですよ。


これって、道を歩いていたら、いきなり腕を引っ張られて、


友達になってください!


って言われているようなもんです。
その上、友達になったら自己紹介するからさっ!みたいな? ( ̄m ̄*)ププッ


リアルな出会いだったら、まずは挨拶があって話しをし、
親しくなれそうなら、メアドや携帯番号の交換という話になるでしょ?
まさか、いきなり最初から「彼氏になってください!」って言いませんよね?


ということで、Facebookの友達申請はメッセージ付きでお願いします♪


ちなみに、名刺は筆まめのような年賀状ソフトで作るのが簡単です。
ちょうど、年賀状の用意をしている頃でしょうから、ついでにどうですか?(笑)


自分の名刺もパソコンのプリンターで印刷したものだけど、
それだって、言われなければ分らないでしょ?!


20131213_1.jpg



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示