ブログ お取引サロンでプチ集客セミナーを開催♪ 理容よもやま話
営業で、とある理容サロンにお伺いしているときに、
A型看板であったり、店頭のプライスボードの見直しについてのご相談が。


じっくりとご相談させていただきたいけど、次の訪問先の予定もあるし…
でも、思い起こしてみれば、先日、兵庫県理容組合からのご依頼で行った
「売上アップ応援セミナー」が資料が手元に置いてあったことから、
「お仕事が終わってからでも、1時間くらいのサロン集客セミナーをしましょうか?」と
お声掛けをしてみたところ、サロンオーナーからは、快諾のお返事が♪


話はとんとん進んで、勉強会の日取りも決まり、
参加者も、そのサロンだけでなくお友達も集まって、3サロンでの共同勉強会。


集客で必ずお伝えしているのが、


①最初からリピーターになりやすいお客様を集めること。
②どんなことを発信すれば、リピーターになりやすいお客様を集められるか?
③それを発信するため必要な、情報発信媒体の種類と、それぞれの活用方法。



リピーターになりやすいお客様を集める上で一番大切なのは、
あなたのことを好きになってくれる人に来てもらうこと。


例えば、うちの地元の高円寺駅には、高円寺ラーメン横丁というのがあって、
高架になった線路下に何軒かのお店があり、その地下に4軒のラーメン屋が入っている。
その中で一番人気のお店が「中本」という、東京でも有名なお店。


友達から「ラーメン横丁に行きたいけど、どのお店が美味しい?」と聞かれると、
「一番人気は中本だよ」と教えるけど、実はここ激辛ラーメンが人気 (*≧m≦*)ププッ


20131121_1.jpg


激辛が好きな人が行ったら、味を気に入ってリピートもするだろうけど、
もし、辛いのが苦手な人が行ってしまったらお客様は、とんでもなく不幸(汗)
つまり、絶対にリピートしないお客様まで集めてしまうことになるんです。


理容室も一緒。
最初からお店に合う人を集めるようにすれば、リピートしやすくなるのに、
誰でも良いから来てほしい…と集めてしまうから、
合わないお客様とお店は、どちらも不幸なんことに。


こういう時は「当店はこんなお店です」と発信することが大切なんです。


中高年が得意な店なら
 →髪のハリ・コシを本気で取り戻したい50代以上の方へ

ヘッドスパやリラクゼーションメニューが得意な店なら
 →夏の疲れがいつまでも取れないと感じている方へ

若い人のヘアスタイル作りが苦手なお店なら
 →40代以上の方へ、5才若く見えるヘアスタイルあります。



当社のお取引先が作った新規集客用の新聞折り込みチラシに書かれていたのは、
「50才以上の女性、大歓迎!」だったり、「短髪はおまかせ」の①あて先
こういうお客様に来てほしい!と発信することが大切なんですよね!


こういう言い方があるけどご存知ですか?
「ターゲットを絞ると、マーケットは広がる」って。


他にもお伝えするうえで大切なのは、


②お店のあるがままを正直に伝えて行くこと。
③売り文句は自分で言わず、お客様の言葉で伝える。
④当たり前を伝え続けて行く



これは、店頭のA型看板でも、チラシやニュースレターでも、そしてウェブでも一緒!


この辺りまでで約束の一時間が過ぎてしまったので、
参加された方へ、「どうしますか?あと30分くらい良いですか?」と質問。


皆さん、興味があるのが、もっと続けてほしいというので、
それならばということで、以前、テレビ番組「ガイアの夜明け」で取り上げた、
奇跡のレストランとも呼ばれている「レストラン カシータ」をビデオでご紹介。


こういう、経営セミナーっぽいのって、終わってから質疑応答が少ないけど、
今回は、時間も遅くなっているというのに、どんどん質問が出てくる。
皆さん、勉強させられたんじゃなくて、自分から勉強したくなっているんだね!


ということで、予定は午後8時からの1時間であったのに、
気付いてみたら、時計はすでに午後10時近くに ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


今回は、A型看板の作り方、チラシの作り方、ウェブで発信の仕方など、、
具体的な話をするところまで行けなかったから、
次にやることがあったら、そうした具体的な手法をお話出来るといいな!


それにしても…今週はずっと夜まで忙しい日が続いていて、
今日は何とか9時に自宅へ到着!


今日はやっぱり、ボジョレーヌーヴォ解禁の日です!
せっかくだから、美味しいお肴とともども、いただきたいですね(笑)


20131121_2.jpg



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
講習会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示