ブログ 情報は、いつでも引き出せてこそ価値がある 理容よもやま話
FC2ブログ
江沢さん、よくそんだけポンポンと答えが出てくるよね!
ホント、すごいと思うわぁ~



えっ?商品の内容について聞かれたことに答えただけなのに、
ウンウン言いながら、やたらと感心しているお取引理容室の奥様理容師さん。


理容師さんって、すっごい勉強しているし、
休日だって講習会や実技練習会なんかにも参加して、
インプットはホントにいっぱいしていると思うんだけど、
せっかくインプットした情報を、いざ使おうとした時に出てこないらしい(笑)


やっぱりこれって忘却曲線が関係していると思うんですよね!
このブログにも何度か出て来ているけど、
人は忘れやすい生き物で、特別に興味を持っているものは別として、
普通に記憶に入ってきたことは、時間とともに忘れるようになっているんです。


「エビングハウスの忘却曲線」


20分後には42%を忘却し58%を覚えていた。
1時間後には56%を忘却し44%を覚えていた。
1日後には74%を忘却し26%を覚えていた。
1週間後には77%を忘却し23%を覚えていた。
1ヶ月後に79%を忘却し21%を覚えていた。



つまり、1日経てば、3/4を忘れてしまうってことです。
だからこそ、復習して記憶を深めることが必要って話になるんだけど、
この復習の方法と言うのが、人それぞれで効果の出やすい方法があるんです。


例えば、人はそれぞれに受け入れやすい表現方法と言うのがあって、
人によって、伝わりやすい、心に残りやすい表現方法が違うというのがあります。
これを一般的には3つのパターンに分けるんだけど、ご紹介しておきますね!


まず「女性をデートで海に誘いたいな~」と思いたった時に、
その女性が「視覚型」の人であることが分かっているならば、
「真っ青な空、そして水がすっごく透明で、熱帯魚が泳いでいるのが見える」と
表現してあげると、その女性には、受け入れやすい情報として入ってくるんです。


また、「波の音しか聞こえない砂浜、ときおりウミネコが鳴いて」なんて説明だと、
これは「聴覚型」の人に対して受け入れやすい情報になるし、
「砂浜を歩くと足裏がキュッキュッってなって気持ちいいの♪」なんて言えば、
「身体感覚型」の人に伝わりやすくなります。


自分は聴覚型だから、セミナーでもホワイトボードとかほとんど見てなくて、
講師の話を聞きながら、かなりの速度で手帳にびっちりと書きとめています(爆)


20131030_1.jpg


そして、書きながらも「大事だな~」と思うところには、
グリーンとピンクのラインマーカーを引いておき、後で見やすくしておくんです。


ここまでがインプットになるんだけど、このままお酒でも飲んで寝てしまうと、
エビングハウスの忘却曲線通り、すっきりと忘れてしまうので、
どう書けば、読者さんに伝わるかを意識しながらブログ記事にしていくことで、
これが復習になり、アウトプットになるから、ここで一気に記憶が深まるんですね!


皆さんの場合だったら、ブログを他の人が読めないように非公開設定にして、
まるでオンライン日記のように書いて行っても良いだろうけど、
講習で習ってきたことを、帰宅後に、手帳を見ながらでもご主人や奥さんに、
講習に参加しなかった人でも理解できるように話す練習をすると、
それがアウトプットになって、記憶にとどまりやすくなりますよ!
そうすると、後日、誰かに聞かれたときでも、その情報が取り出しやすいんです♪


または、講習が終わった後にまっすぐと家に帰るのではなく、
講習に参加した人と一緒にお酒を飲みながらでも講習内容について話をする。
これも、アウトプットとして、とっても大事なことです。
ただ、飲みすぎは記憶が怪しくなるので、お酒はほどほどにね (*≧m≦*)ププッ


ということで、インプットしたら、しっかりアウトプットするとこ!
生きた情報として記憶するためには、インプットだけじゃダメですよ~♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示