ブログ ウィンターセールチラシを印刷会社に入稿 理容よもやま話
1年ほど前に、セールチラシをモノクロ印刷からフルカラーに切り替えました。
セールのデザイン自体は、前々からAdobe Illstratorと言うソフトで作っていたけど、
会社のプリンターでモノクロで印刷したものを印刷会社に入稿し、
それを原版として数百枚という印刷物を作っていたんですね!


この会社と言うか小さな印刷屋さんは、かなりご高齢のおじいさんのお店で、
Illstratorから出力したデータを持ち込んでの印刷などはサポートできず、
昔ながらの方法での印刷だったんです。
まあ、それでも不便はなかったから、長く利用していたんだけどね。


ただ、ここ数年、ネット専門の印刷会社が一気に増えてきて、
コンピュータに直接流し込める「完成データ」という形式で入稿すると、
フルカラーの印刷もかなり低価格で注文できるようになってきたことと、
高齢なためか、ときおり身体を壊して、印刷が期限に間に合わないことが _| ̄|○


そんな具合で、今は、チラシセールとしてデザインが決まったら、
ネットプリント会社へ入稿できる形へデータを加工して、
ウェブから申し込み、そして、ウェブでの電子入稿という形に。


20131027_1.jpg


それにしても、ネットプリント会社ってすごいですよね!
今までなら、A4片面を両面フルカラーで印刷したいな~なんて思うと、
枚数にもよるけど、数百枚なら1枚当たりの費用が100円近くに ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


それが、今は1/10以下の費用で出来上がってしまうんだから恐ろしい。


こうして考えると、印刷物という「モノ」を売っている印刷会社は厳しいかも。
つまり、依頼する側がデザインしたものを、単に印刷物にするだけなら、
それは、ネット印刷会社と競争にならないってことなんですね。
それじゃ、今後は町の印刷会社がいらなくなるのか?というと、これは違います。


印刷物を作ろうと思っている人は、印刷物が欲しい訳じゃないんです。
新規客の集客をしたいとか、特定の商品の資料請求をしてほしいとか、
皆さんに知られていない商品を売りたいとかのために、印刷物を作っているんですね。


だから、印刷物と言う「モノ」を売るのではなくて、
依頼主と言うお客様と一緒になって、新規集客のお手伝いや販売の成功を目指し、
そこに一番有効であると思われる印刷物づくりを一緒に考えていけば、
印刷屋さんの仕事って、まだまだいっぱいあると思うんです。


それは、今の理容ディーラーも同じですよね?
皆さんのお店には、何社かのディーラーさんが出入りしていませんか?
そんな時、一社は遠くからわざわざ来てくれて、商品の話しはもちろんのこと、
自分の趣味のことやその人柄をしっかりと伝えてくれているのに、
もう一社は、頼んだものは届けてくれるけど、それだけってことありませんか?


理容室で使われる材料と言う「モノ」だけを売っているディーラーだと、
メガディーラーと呼ばれる低価格大量販売を専門にする会社や、
通信販売形式の低価格ディーラーから買われてしまうかも知れませんよね。


ここで先ほどの、頑張る印刷会社のように、
お届けするのは、新製品情報とか年に数回のセール案内とかはもちろんだけど、
そのお店が新規集客をするために、自分はどうお手伝いできるか?とか、
お顔そりの女性客を増やすためには、自分がどうかかわれるかなどを、
お客様と一緒になって考えていくディーラーであれば、
理容室の皆さんにとって、まだまだ必要だと思うんですよね (σ´Д`)σ


実はこのお話は、理容室の皆さんも一緒なんです。
理容室の皆さんは、一軒一軒のお店が、それぞれに違う技術を売っている…と
思っているけど、外から見ていると、技術の違いって分かりにくいんです。
そう、例えば、目にトラブルがあって眼科を探そうと思った時に、
あっちの眼科が上手、こっちの眼科は?なんてあまり思わないですよね(笑)
それが、利用者側のモノの見方なんです。


だから、伸びてきた髪を切る技術という「モノ」であったり、
女性のうぶ毛を剃るというお顔そりって「モノ」だけを売っていると、
単純に値段とか、店の作りとか内装だけで比較されてしまう。


そこに、髪を切るお客様と一緒になって、男磨きのお手伝いをしたり、
うぶ毛と老化角質を取るという美容法を提供することで、
女性が若々しくいられたり、化粧のりが良くなって喜んでもらえるなど、
そうしたお客様の喜ぶことを売っていければいいんだろうな~と思ってみたり(笑)


ネット印刷会社の話しから、話はあっちへこっちへ (*≧m≦*)ププッ


でも、「モノ」を売るのではなく、それを得ることでどうなれるのかという、
モノではない「コト」や「得られる体験」を売っていくことを考えないと、
これからは、どんな商売でも大変になっていくんじゃないかな?と♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
さすがです👏
いつも、為になる情報・お話有難うございます。
さすが‼
です。

今後も,勉強させて頂きます
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
No title
>みはるさん

いつもご愛読ありがとうございます。
社長にもよろしくお伝えくださいね(笑)

管理者のみに表示