ブログ シェービングアカデミーに参加してみた 理容よもやま話
女性のお顔そりに対する考え方に対しての意識改革を行い、
お客様が「また来たい!」と思うような技術を身に着けるために用意された、
シェービングアカデミー全4回コースのうちの第2回目。


今回の意識改革は「新規集客とリピーター作り」


20131021_1.jpg


何年もの間、お顔そりと言うメニューを続けているのに、
1ヶ月の来店女性が10~30名ではあまりにも少ないのでないか?と語るのは、
女性のお顔そりしかやっていない理容室のオーナー篭島氏。


商売としてやっているのなら、最低でも1ヶ月に70~80名、
さらには、1ヶ月に100名以上の女性客があっても不思議ではないと。


新規客を集客するためのチラシの新聞折り込みを定期的に行い、
さらに、来客された方にリピーターになってもらうための努力を続ければ、
1年後には1ヶ月の女性来客数が70~80名にはなるはずなのに、
女性理容師さんは、1ヶ月に30名くらいの女性客があると満足してしまい、
新規集客の努力を止めてしまう人が多いのだとか。


そして、その時に問題になってくるのが集客すべきターゲット客。
お顔そりと言うと、イメージ写真には若い女性が使われることが多いけど、
若い子は、何年も続けて来てくれるということが少ない。
安定した継続した経営のためには、50代以上の女性客を意識して集めることが大切。


女性は、若いころよりも、年齢が行けばいくほど、
今までの自分よりもキレイでありたいという気持ちが強くなるもの。
ところが、理容サロンの発信するイメージポスターは若い女性モデルだから、
50代以上の女性は、「自分が行っていいの?」と不安を感じることが多いらしい。


確かに、定期的に通っていただける女性のお客様というと、
50代、60代の方がほとんどと言ってよいくらいになりますよね?
お顔そりを趣味でなく、1サロンとしての経営としてとらえる時には、
こうした考え方も大切になってくるんでしょうね!


今回は2回目と言うこともあり、第1回に行った「技術修正チェック」で指摘された、
自分の欠点や修正個所の採点を振り返って、各自からのコメント発表。
皆さん、それぞれに相当に落ち込むようなクセの指摘もあったようで、
自虐ネタにして、参加者の笑いを誘っている(汗)


20131021_2.jpg


でも、技術って、誰からも意見をしてもらえなくなっていて、
満足できなかったお客様は、黙って来店しなくなるだけだから、
今回のように、冷静におかしなクセやお客様が不快だと思うことを指摘されるのは、
今はものすごく気分の悪いことではあるけれど、
そのクセや修正個所の訂正が終わってから振り返ってみると、
結果として、良かったと思えるんでしょうね!


皆さんのコメントが終わったところで、ここからは皮膚構造のお勉強。
皮膚構造を意識しながらお顔そりをすると、
仕事が捗り、より楽しくなるから大切!と語る店長の知識は、
お客様からどんな質問を出されても、きちんと説明できるよな~と思えるような、
深い知識で裏付けされている。これはプロとして大切なことじゃないかな?


20131021_3.jpg


ここからは実技の2回目、今回の流れはクレンジングからふき取りまで。
「クレンジングを制するものは、お顔そりを制する」というくらいに大事で、
この工程で指の先まで気持ちの込められた丁寧な仕事をしてもらえることで、
お顔そりが初めてのお客さまが、不安を消し去ることができるのだとか。


20131021_4.jpg


20131021_5.jpg


今回、初めてシェービングアカデミーを見学させてもらったけど、
お顔そりメニューをお勧めするうえで大切なのは、
「経営ノウハウ」と「安心な化粧品」そして、「それを支える技術」なんだと再認識。


お客様が普段使っている化粧品なら安心!と思っている女性理容師さんが多いけど、
それは、お顔そりをしていないときに安心なだけであって、
お顔そりをした「スーパー敏感肌」に使える化粧品ではないんですよね。


エステ機器を使って女性エステティックを行うために開発された化粧品や、
男女兼用で敏感肌の方でも安心して使えるように開発された化粧品は他社にあるけど、
「お顔そりをした超敏感肌に安心して使える」ことを目的として、
開発された化粧品を使うという辺りにも、お客さまへの心配りが感じられるしね!


この化粧品については、また別記事で詳しくご紹介しますね!
女性のお顔そりをこれから増やしていきたい!と考えていらっしゃるなら、
この「お顔そりを前提に開発された化粧品」は、一つの選択肢になると思うんです。


さてさて、朝の10時から始まったシェービングアカデミーも、気付くともう夕方の5時。
なんだか、あっという間と言う感じだったかも。
それにしても、最近のセミナー風景って変わって来てますよね?
講師のされている技術風景を、皆さん、スマホで動画撮影しているし (*≧m≦*)ププッ


20131021_6.jpg


このシェービングアカデミーに参加して、そこから1年頑張れば、
たった1年後には、月間の女性来客数が60~70名にまで増えているというし、
3年頑張れば、月に100人の女性客だって当たり前に感じるのだとか。


一般の理容室での女性客が10~30名というのが現状の平均値と考えると、
月に100名と言う数字は夢物語にも思えてしまいやすいけど、
新規客集客を考え、リピーターづくりのために技術レベルを上げていき、
そして、その上がった価値を、地域のお客様にしっかりと発信し続けて行けば、
月100人が、本当に達成できそうな気持ちになれました♪


今後が楽しみなセミナーです!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
講習会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示