ブログ 想いは、外に向かって発信しないと伝わらない 理容よもやま話
数ヶ月前からお取引させていただくようになった、30代のご夫婦サロン。


このブログをお読みいただき、以前から私のことは知っていたけど、
何か、きっかけがあったのか分からないけど、
「これから取引をしたい」というお電話を、会社の方にいただいたんですね!


その後、お電話でお話をさせていただき、訪問予定日をお知らせし、
当日は、サロンのご住所をiPhoneに入れているカーナビアプリにセット。
あまり土地勘のない場所だけど、カーナビ通りに進んでいけば、
まあまあ近くまで行けるから心配はしていなかったけど、
表示の住所まで来ても、理容室らしいお店が見当たらない(汗)


と、気づくと目の前に、「理容室○○○」と書かれた中二階のドアが!


サインポールも看板も出ていないけど、ドアに書かれていた名前は間違いない。
隠れ家のような雰囲気でお店をされているんですね!
サロンの中は落ち着いた雰囲気で、お顔そり用にプライベートスペースまである。


オーナーとお話をしてみると、外への宣伝は恥ずかしさもあり、あまり好きではない様子。
でも、商売柄、自分のように理容室を見慣れている人でさえも、
お店に気づかずに通り過ぎてしまうほどだから、ちょっと心配ですよね。
それに、お客さまにはもっと来てほしいと思っていらっしゃるし(笑)


そんな話をしながら、サインポールはまだ抵抗があるにしても、
せめて、お店の前にA型看板くらいは出した方が良いという話を理解していもらい、
次回、お店に伺ってみると「おっ!看板が出ている!」


20131014_1.jpg


確かにA型看板なんだけど、お店の前を横切る人が見える向きでなくて、
お店の前に正面を向くように置いてある ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


せっかく作られたのに、前向きだから片面しか見えませんよね?
歩いている人に見ていただきたいので、もうちょっと前に出して、
お店の前を横切る方の目に入るようにされてはいかがですか?
あと、誰にやってほしいと思っているのかが伝わらないのと、
どんなメニューがいくらくらいなのかが分からないと入りにくいです (σ´Д`)σ


そんなお話をしていたら、次回の訪問ではこんな感じに。


20131014_2.jpg


POPの基本は「伝える相手を明確にすること」、
つまり、誰でもに伝えようとすると、誰にも伝わらないんです。
だから、今回は「夏の疲れが取れないあなた」が伝えたいターゲット。
ここがないPOPは非常に伝わりにくいんです。あなたのPOPにはありますか?(笑)


さてさて、こんな看板を出したところ、かなり反響があったらしい。


本日、看板を見て…とフリーでヘッドスパのみの若い方がご来店しました。
A型看板ってすごいですね!



そして今日、いただいたメールがこんな内容。


おはようございます!今週、ついに新規が10人来ました!
嬉しい&ビックリです!江沢さんの信者になっても良いですか?(笑)


1週間に10名のご新規様とは驚きですよね!
今までにサインポールも看板もなかったから、効果が出やすかったのかも。


A型は最初恥ずかしかったですが、出して正解でした。
ヘッドスパを目的に来店する方が半分で、
残りの半分も普通のシャンプーをするつもりで来店しても、
ヘッドスパをオススメすると皆さん選んでいきます。
1人だけ、毛髪診断目的での来店もありました。



理容室の皆さんって、定休日でも講習会へ参加されたりなど、
インプットに関しては、ものすごく頑張っていらっしゃるけど、、
自分から外を歩くお客様へ情報発信することは、あまり得意じゃないですよね?


でも、どんなに素敵な内装であって、技術もしっかり用意してあっても、
どんな方へどんなメニューがお勧めなのかということを、
A型看板、チラシやニュースレター、そしてウェブやブログを使って
「あなたに役立つお店です」ということを伝えて行かないと、
お客様はお店を選んでくれないと思うんです。


「想いは言葉にしないと伝わらない」、これ恋愛の鉄則ですよね(笑)
どんなに好きだと思っていても、心の中で思っているだけでは伝わらないしね!


講習会でインプットしたら、同じだけアウトプットして行きましょう!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示