ブログ ビーグラッドカミソリにステンレス製が発売! 理容よもやま話
営業から戻ったら、自分の机の上にパンフレットと案内書が置いてある。
どうやら、注文してあったレザーが送られてきた時に、
一緒に新製品の案内書を入れてくれたみたい。


20130912_0.jpg


えっ?ビーグラッドがモデルチェンジするの? ( ・ω・)モニュ?


「ビーグラッド」と言えば、痛くないレザーの代表選手!
関西生まれの商品という事もあり、東日本ではご存知のない方も多いみたい。


例えば、今までにご提供させていただいたPOPの中でも、
こんな感じに使われているんですよね~


20130912_2.jpg


20130912_3.jpg


平成元年1月の発売と言うから、25年目になるベストセラー商品だけど、
素材がメッキということもあり、お手入れが本当に大変だったんです。


お手入れをしないと、2~3年でメッキがはがれ始め、
レザーの運行中に、バリのようにはみ出した部分がお肌に当たったりして、
お客様に不快感を与えてしまうというから困ったもの。
さらに、煮沸消毒などしようものなら、あっという間にメッキがはがれ、
使えなくなってしまうというから、消毒にも気を使うんです。


本来なら、ステンレスなどの腐食しにくい材質を使えば良さそうだけど、
ビーグラッドと言うレザーは、その特殊な形状のために、
ステンレス材で作ることが出来ずにいたんですね!


お手入れは面倒だけど、その一方では優れた機能をもっていて、
いくつか、思いつくだけを書き出してみましょうか!


まず、お肌にレザーを当てても刃の感触がなく、スプーンの裏のようで、
レザーの運行にあまり自信のない方がお使いになっても、
肌を切ったり、血が拭いたりしにくく、さらには剃刀負けも出にくい。
何よりも、剃り終わった後のお肌の状態がものすごく良いんですね!


かと言って、特殊な刃を使っている訳ではなくて、
普段から皆さんがお使いになっていらっしゃる、
フェザー、シック、KAIなどの一般的な替刃だというのがすごい!


ちなみに、今までのメッキタイプの使用方法のご説明をしますね。


お仕事が終わったら、刃を挟み込むホルダーを分解して外し、
スポンジなどで、内側を洗浄し、タオルで水けを切って乾燥させ、
翌朝の朝、お仕事に入る時に、刃を入れてホルダーをセット。


他メーカーのレザーのように、ホルダーごと水洗いをするだけど、
その日の片づけが終われるものと比べるとずいぶんな手間 _| ̄|○


さらに、メッキ加工という事で加工精度があまり高くなく、
ホルダーの上側と下側は必ず同じロット番号同士でないと合わないとか、
フェザー用、シック用のように使う替刃を指定する必要があるといった、
注文する上でも面倒なこともいっぱいありました。


今回のステンレス製はこうした問題もすべてクリアしているので、
保健所から指定されている理容室での消毒法の、
エタノール、煮沸、次亜塩素酸ナトリウムすべてに対応してています。


※ただし、長期間、次亜塩素酸ナトリウムに漬けると腐食の可能性があります。


また、今まではハンドルの色はブラック一色でしたが、
今回から新たに、ピンク色も発売になりますので、
女性シェービング用はピンクにして使い分けるのも良いかも♪


ビーグラッド(ステンレス製)は平成25年10月7日発売予定、
サロン価格は19000円(税別)になります。
ご注文時には、レザー型、日本刀型の形状をお決めの上、
そしてブラックかピンクの色指定をお願いします。



それにしても…
最近お求めになったお客様もいっぱいいらっしゃるから、
突然の新製品発表は、ちょっとつらいな~ ヾ(;´▽`A``アセアセ




理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
新製品 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示