ブログ ファン客を集めることの大切さ 理容よもやま話
ヘアサロン集客広告会の村上氏によるセミナーを何度か聞いているけど、
この「ファン客」を集めるのって、ものすごく大切だと思うんです。


ところで「ファン客って何?」と思う方も多いかな? (*≧m≦*)ププッ


ファン客とは、最初からあなたの事、あなたのお店を好きになってくれ、
新規でご来店されても、次回のリピートがかなり確実な方の事。
「そんなの出来るわけないよ!」って思う人もいるかも知れないけど、
実際に、そういうお客様を集めることも出来るんですね!


例えば、自分が経験したお話をします。


ブログを書いていたり、Facebookで日々投稿していたりすると、
「ブログを読んでいるんですけど、うちにも来てもらえますか?」とか、
「うちは○○県の○○市なんですけど、近くに来てませんか?」という、
お問い合わせのメールやお電話をいただくことがあります。


もちろん、こうしたお取引のご希望だけじゃなく、
Facebookで交流のある方とだったりすると、商売は抜きにして、
「お店の近くを通るから遊びに寄りますね♪」なんてこともあるんです。


こうして、初めてお会いしたとき、やっぱり違うんですよね~


店内から私を見つけて、ドアを開けて迎え入れてくれたり、
「わざわざすみません、ちょっとだけ待ってくださいね!」なんて、
心配りをしてくださったりと、うれしいことがいっぱい♪


それに対して、営業マンというと思い浮かぶのが「飛び込みセールス」
知らないお店に「こんにちは~!私こういうもので…」なんて入ると、
お店のオーナーさんや奥様が、と~っても迷惑そうな顔をして、
お渡しした名刺をマジマジと見られちゃう(笑)


商売の話をしても「うちは間に合ってるからいいよ!」と、つっけんどん。
当たり前ですよね!まったく知らない人がいきなり入ってきて、
「取引をしてほしい」って言われたって、まず信用出来るわけないし。


これが、ファン客と一般客の大きな違い。
ファン客は、ブログやFacebookを通じて、私の事を知ってくれているから、
私に求めるものは、値段の安さではなくて「お店が繁盛する情報」、
だから、初めて会った瞬間から、マッチしているんですよね!


お客様は「値段よりも、繁盛のための情報が欲しい」と思っているし、
私は「値段はそこそこだけど、繁盛のための情報は自信あり」と思っている。


でも、飛び込みセールスの時は、相手は自分の事を知らないし、
もちろん、こちらも相手の事をまったく知らない。
だから、お互いの求めるものが一致するかどうかわからない。
その結果、良い出会いになるかどうかは、かな~り微妙 Σ(¬_¬;)


これと同じようなことが、理容サロンも起こるんです。
それは、お客様を待っているだけだと、どんな人が来るか分りません(汗)
もしかしたら、値段を聞くだけで帰って行く人もいるかも知れないし。


逆に、お店側が、チラシやニュースレター、店頭看板、
また、デジタルでは、ブログ、Facebookと言った個人が出来る情報発信媒体を使い、
「当店はこんなお店です」「こういうのは苦手だけど、これは得意です!」と、
お店のあるがままを発信していけば、その結果、それに合うお客様が来店され、
それが「ファン客」になっていくのです。


ということで、まずは「自分のお店のあたりまえ」と「ウリの部分」を
どんな媒体でも構わないので、潜在客にお伝えするようにしましょうね♪
それが、ファン客を集める、一番の秘訣です♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示