ブログ 心配りを感じた日 理容よもやま話
FC2ブログ

心配りを感じた日

2006/07/04 Tue 21:14

こちらは男女20代のお客様が多いお店。
この3月にスタッフが卒業してしまい少しばかり手不足なんですね。
当然の事ながら、今まで通りにお客様はお見えいただけるんですが
スタッフが足らなくて予約も十分に取れない状態 ブン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ブン

5月にようやくスタッフ2名を採用しお店はフル稼働へ。

そんな時に見かけたDMハガキ。

20060704_1.jpg


これは予約をお断りしてしまったお客様へのお詫びハガキなんですね。
お詫びと同時にスタッフが揃ったことのお知らせにもなるようです。

予約しようと思って満員を理由に断られたお客様ってどうなんでしょう?
もう他のお店に行って満足しているかな?
それともそこも気に入らずにまだ探しているのかな? キョロ━(゚∀゚≡゚∀゚)━キョロ

そんな時にこのハガキが届く・・・

そしてこちらは定期的にお出ししているハガキ。
お客様が最終来店されてから5週間後に出しているものなんですね。

20060704_2.jpg


文面は毎回変わってお店のニュースをお知らせしています。
そして、一番下には前回の来店日と次回のお勧め日程を ..._〆(゚▽゚*)

最近はコストも考えてメールに切り替えているお店も多いみたいですね?

そうなんだよね。だからうちではハガキにしているんだ。

えっ?どういうことですか?

独身者に届く郵便物ってカードや携帯の請求書とかばかりでしょ?
普通の郵便って来なくなっているんだよね。
だからこそハガキで届くことが印象に残るんだよ。


なるほどね~
ご自分のお店にお越しいただいているお客様の事を知って
その方々がどうしたら喜んでくれるか考えているんですね。

まだ30代前半の若いサロンオーナー。
お一人お一人に対する気配り・心配りはかなりのものです。

相手を知り思いやる心が心配りになるんですね。
これって仕事でも家庭でも一緒かな。
改めて気づかされた出来事でした。


ランキング応援ありがとうございます!
↓ ( ゚∀゚)σ ポチッ!×2お願い♪ ↓
人気blogランキング  FC2 Blog★Ranking


スポンサーサイト



日々のこと | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
戦時中、優秀な前線の指揮官は、

爆弾が投下された際、爆発している方向とは逆方向に

斥候(偵察)を出して情報を収集するタイプを聞きました。

逃げ道の確保の為です。

メールが主流だからハガキだという30代前半の経営者。

優秀な指揮官の発想と似ていると思いました。
はがき、大切ですよね。
うちでも、はがきはお客様との大切な交流。
定期的に印刷してお出ししています。

このイケメン揃いですっていうのが、
面白い~!うちも書いてみたいなあ。
イケメンな大将ですって。はははは(--;)
>エロ侍さん

人の見ていないところに大切なものがあったりするんですね。
メールマガジンが毎日のようにバンバン届いていると
最初の画面だけを見てサッ!と消してしまっています。
そんな中に紛れるくらいのものになるよりは
多少のコストはかかっても心配りの感じるものですよね♪

>寿司屋のおかみさん小話さん

いちいさんでもはがきを出されているんですね。
お寿司屋さんでは初めて聞いたかも知れません。
おかみさんのところはイケメンとスーパーモデルですよね? (*≧m≦*)ププッ

管理者のみに表示