ブログ 新規客集めからの脱却・ファン客へ 理容よもやま話
今回のセミナーを開くきっかけになったのが、
ある理容サロンで行った、集客広告会/村上徹氏によるプチ集客セミナー。


たまたま、自分も参加させていただいた講習会だったので、
ブログの中で記事としてご紹介をしたところ、
それをお読みになった理容組合の教育部長からご連絡をいただき、
それを村上氏につないだというのが、事の始めだったんですね。
まったく、人の縁はどうつながっていくのか、分らないものです。


20130723_1.jpg


さてさて、今回のセミナーテーマは、
「新規客集めではなく、ファン客を集めるためのノウハウ」


前回も見かけた無人島の絵がホワイトボードに書かれていく。


20130723_2.jpg


陸地から船で2~3分沖に出たところにある無人島。
あなたは、この無人島に一軒の理容室をオープンしました。
この無人島と陸地の間は、無料で送迎できる船で行き来できるけど、
どうやったら、お客様をここの理容室に呼ぶことが出来るでしょう?



新規客がお店に行きたがらない理由は、
「どんな店だか分らない」「そこへ行く理由が分らない」から。
そのためには、他店との違いをハッキリさせなければならないけど、
その違いも、発信しなければ伝わらないということ。


サロンの本音としては、そこの美容室や低料金店には行ってほしくないと思い、
消費者の本音は、自分にピッタリのサロンを見つけたいと思っている。
つまり、両社は「両想い」なのに、なぜ結ばれないのか? ( ・ω・)モニュ?


それは、告白するのが、いつもお客様からだから。


ここで村上氏が、自分の体験談を語る。
去年の夏に行った一軒の理容室での出来事…


お店に入ったら娘さんがお店で遊んでいる。
「お客さんですか?」って聞かれて「お客さんです」って答えたら、
「おばあちゃ~ん!」って奥の座敷に声をかけてる(汗)


「どんな風にしたいですか?」と聞かれたので、
「ヘアカタログとかあればそれで…」と言ったところ、奥へ探しに。
そこで出てきたのは、おばあちゃんの息子さん?店主さん?


「うちはヘアカタログとか置いてないけど… (#゚Д゚)ゴルァ!!
「それだったら、写真の載っている雑誌でも良いんですけど」
お店に置いてあるのは古いマンガの単行本だけ。。。


それでも「そこはそれくらいで」「そこはもうちょっと」と、
切りながらも、長さを説明していたら、店主の機嫌が悪くなってきた。


(゚Д゚#)ハアッ?! (-∀ー#)チッ!!


出来上がったヘアスタイルは、左右が真白く刈りあがり、
天頂部だけがやや長めの不思議なデザインに。
そのまま家に帰ると、奥様から大爆笑の嵐で、
「可笑しいからボウズにしてきなさいよ♪」と言われて、
近所の1000円カットへ言って、坊主頭に (*≧m≦*)ププッ


これは、サロンが悪いのでもなく、村上さんが悪いのでもなく、
お客様の求めているものと、お店が求めているものが違うということなんですね。


そうであれば「うちはこういうお客様を求めています」と、
サロンから告白することで、こうしたトラブルも減ってきます。


そこにはファンを集めるための鉄則が。


うそやカッコ良く見せるための演出をせず、正直にありのままに伝える。
店先で「こういうお客様に来てほしいんです」と言う訳にもいかないから、
お客様に対するラブレターを作ることが必要。


そこで、ラブレターの作り方を説明。


1,あて先を明確にする → 消費者には「わざわざ行く理由」が分る

薄毛、ハゲ、育毛という言葉にビクッ!と思わず反応してしまう方に!

2,ありのままを告白する → 弱みと強みを「弱み→強み」の順に伝える

10~20代のカットは苦手だけど、大人のオシャレなスタイルは得意です♪

3,一番伝えたいことは客に語らせる → 同じ立場の人の声はイメージしやすい

常連さんに「どうして、うちを長く利用していただいているんですか?」と聞く。

4,プロの情報 → 伝えることで信頼感が生まれる

若く見える髪型の黄金比をイラストで伝える。

5,お店の常識を伝える → 当たり前に取り組んでいることを伝えると価値になる。

当店では、ゆっくり過ごして頂きたいので、平日サービスメニューを選べます。

6,一番の売り物を伝える → 自分と言うキャラクターを出し技術、商品、人を売る。

新規の人がお店を怖がるのは、どんな人がやっているか分らないから。
楽しかったこと、笑ったこと、辛かったこと、悲しかったことなど、
心が動いたことを伝えると、人柄が伝わる。



そして、最後は集客のプロセス説明。
と、ここまでかなりのボリュームで、時間も2時間半が。
それでも、内容の大まかな部分しかお伝えできていないんですけどね(汗)


もし、こんな感じの集客セミナーを開催してみたい!とか、
仲間を集めるから、うちの店で開いてほしい!などのご希望があれば、
私の方から連絡をすることも出来ますので、
サイドバーにあるメールフォームから相談してくださいね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
講習会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示