ブログ 売れるPOPってどういうんだろう? 理容よもやま話
人気の店販商品として定着している、頭髪石鹸「頭皮中心主義」。
今回もまた、新しいPOPが入って来たのでご紹介しましょうね!


20130713_1.jpg


旬なセリフ「今でしょ!」を使っているんですね(笑)
実は、これには裏話があって、本当は似顔絵も入れたかったんだけど、
東進ハイスクール側に問い合わせをしたところ、
「いつやるの?今でしょ!」という言葉を使うのは自由だけど、
似顔絵を入れる場合は、○○万円の著作権料が発生するとか ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


ということで、似顔絵入りは見送ったという、嘘みたいなホントの話♪


さてさて、こうしてメーカーさんがPOPを用意してくれることもあり、
また、ディーラーの営業さんが作ってくれることもあるけど、
出来ることなら、自分で作れるようになれば、とっても便利ですよね!


そんなことから、理容師カフェというイベントでも、
「筆文字POPセミナー」が、人気講習として何度も開かれました。


ただ、筆文字の書き方は分かっても、どんな言葉を書けば伝わるのか、
また、買いたいと思ってもらえるのかとなると、話は別なんですよね~(笑)


そこで、自分がPOPを作る時に意識していることを、少しお伝えしましょう♪


まずは、先ほどの筆文字で書かれた、メーカーで作ったPOPと、
どこでも見かけるような商品名と価格表示のPOP…というかプライスカード?
この二つを並べてみてみましょうか。


20130713_1.jpg


20130713_2.jpg


一目瞭然ですよね!気になるPOPとただの価格カードって感じ。
でも、理容サロンの中を見ると、商品名と価格だけを書いてあるもの、
意外とあっちにもこっちにもあったりするんですね (* >ω<)=3ヘックション!


例えば、こんなPOPが貼ってあったりしませんか?


冷やしコース 500円


これも同じPOPとして見ると、ただのプライスカードになってしまうんです。
で、一般的にPOPを作る時の注意点と言うのがあって、
それは、解説書によって色々あるけれど、今回はその中から絞り込んで、
一番基本的に使いやすいものだけ説明しますね♪


まずは、知らないことを教えてあげる!


タイトルに「知っていますか?」「ご存知ですか?」って入ると、
それだけで、読みたくなるのが人の心理なんです。


次は、ターゲットに呼びかける!


「少しでも早く二日酔いを治したい方へ」とか「白髪が気になる方へ」みたいに、
自分に関係ある商品だと関心をもたせるのに使ったりします。


この後には、その商品の特徴を並べるのではなくて、
その商品を使うとどうなれるのか?どういう体験が出来るのか?
また、体験した人の声を並べるなどで意味づけをしていって、
最後に、商品名と価格を表示するという流れです。


今回のPOPを見ると、


「頭皮いつ洗うの?今でしょ!」で頭皮トラブルのある人や、
抜け毛や脂っぽいなど、頭皮を気にしている人に興味付けをし、
「翌日ハリコシ実感、頭皮スッキリ」でどうなれるのかの体験を伝え、
最後に「頭皮中心主義 洗髪石鹸 30g 252円」と商品名と価格を伝える。


ほら、基本パターン通りに作られているんですよね♪


あと、こちらは、お取引先に頼まれて作ってみたものだけど、
同じように見てみましょうね!


20130713_3.jpg


①知らないこととターゲットへの呼びかけ

基本通りの「気になりませんか?」で知らないことを教えて行く形を取り、
「スマホ画面のギラギラ&ベタベタ」でターゲットに呼びかける。


②どういう体験が出来るのが

ここにはちょっと商品説明を入れてあるんだけど、
スペースがなかったら、説明は入れずに、
どういう体験が出来るのかだけを伝えてもいいですよね!
例えば「一日中、肌がサラッとしてベタツキ知らず♪」という声とかね。


③最後に商品名と価格の表示


男性の場合は、どのくらいの期間使えていくらなのかを伝えると、
1ヶ月で900円くらい、一日30円くらいと考えてくれるので、
こうしたところも、最後の一押しポイントですよね。
もちろん、最後の「きれい系メンズ」も (*≧m≦*)ププッ


もちろん、売れるPOPはこれだけじゃないけど、
まずは基本パターンでPOPをいくつも作って行って、
反応の良いPOPがあったら、それを成功パターンにしていくというのが、
売れるPOPづくりの一番の近道じゃないかと思いますよ。
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね (σ´Д`)σ


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示