ブログ BOWE×高村健太トークライブで気になるキーワード 理容よもやま話
FC2ブログ
先日、埼玉県は大宮市にある大宮ソニックシティで開かれた、
ニチリさいたま展示会で朝一番に行われていたのが、
原宿などでメンズオンリーサロンを6店舗展開するJUNES代表のBOWE氏と、
メンズファッション誌の専属読者モデル一期生を務めた高村健太氏による、
カッコイイバーバーについて二人が語るトークライブ。


20130626_1.jpg


最近のメンズ市場というと、日本人の平均年齢が45歳になっていて、
そうした40代半ばの男性が行きたくなるサロンはどんなお店なのか?
また、美容室に通っていた学生メンズが、いよいよ社会人となった時、
髪型やオシャレをどう感じているのかなど、
時代を読み取るキーワードを拾うように話は展開していく。


そんな中で、25歳の高村氏が最初に口にしたのが、
パナソニックから発売されている、電動シェーバーの話。


「お風呂ですべ肌シェービング」というキーワードで売られていて、
今どきのメンズは、ウェットシェービングに対して興味がありだとか。


そこでBOWE氏がこんなコメントを入れていました。


ウェットシェービングにこんなに関心を持たれているというのに、
プロである理容師からのシェービングに対する情報発信が少ないのでは?



確かにそうですよね~ ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


女性のお顔そり、お顔そりエステ、レディースシェービングに対しては、
女性理容師さんがかなり積極的に情報発信をされているけど、
メンズ向けのウェットシェービングに対する情報と言うと、
女性向けに比べると、かなり少ないのが現実ですよね。


高村氏も自分たちの年代の話としながらも、
いくつかのキーワードを並べて、興味深い話をしていました。


大学を卒業して社会人になり、カジュアルな服装から、
スーツを着る機会が多くなるという、ライフスタイルの変化をした時、
「この髪型で良いのかな?」という不安を感じるのだとか。


こうしたことを考えると、シェービングに対する正しい知識だったり、
スーツに似合うおしゃれな髪型の提案をしてほしいなど、
社会人メンズは、必ずしも美容室だけでなく、
自分たちを引き立ててくれるメンズサロンを気にしているって感じなんですね。


そんな中で、お二人の話はキーワードで表現されることが多かったので、
とりあえず、書き留めてきたキーワードをお伝えしますね!


マイペース
オタク的なこだわり
今が良ければと言う刹那的な考え方
個性が重要で、人よりも目立ちたい
仲間
特別感
女性に縁がない訳ではないが、ガツガツしない
好感度、キレイ、優しい
個性を強く打ち出すよりも共感を大切にする
ツーブロック
ベリーショート
パーマスタイル
前下がりボブベース
ボリュームダウンのスタイリング剤
ホスピタリティ接客とヘアスタイルは車の両輪



床屋はダサくて美容室がカッコイイと言われた時代があったけど、
ここ数年はシェービングを含めてバーバーがカッコよくなってきている。
今後、美容室がどんどんメンズ向けサロンをオープンし、
その一方で高齢のサロンがお店を辞めて行く。


20130626_2.jpg


そんな中でBOWEさんがこんな話をしたけど、これって大事かも。


1000円カットと通常価格サロンの一番の違いは、
40代のおじさんをちょっとカッコ良くするヘアデザインじゃないのかな?



うん、ホント、そう思うな~
髪は短くなっていれば、髪型は適当で良いというのは、
仕事をリタイアするくらいの年齢を迎えた男性の声であって、
日本人の平均年齢である45才を中心とした働き盛りのメンズは、
若々しさのある、おしゃれなおじさんであって欲しいですね♪


ちなみに、他のセミナーですが、こんな話を聞いたっけ。


おっさん → おじさん → おじさま


先へ行くほど、お金を持っている人だそうです (*≧m≦*)ププッ



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



講習会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示