ブログ iPhoneでお弁当を撮る時のコツ 理容よもやま話
Facebookのニュースフィードを眺めていると、
お子さんやご主人のお弁当の写真が美味しそうにアップされている。


そのままでも十分に美味しそうではあるけれど、
ちょっとだけ手を加えると、もっと美味しそうに見えるので、
そのあたりをちょこっと説明しておきますね!


ちなみに、ココにはお弁当がないので、替刃の箱で(笑)
イメージとしては、手前にはおかずがいっぱい入っていて、
奥には、海苔や梅干しが載ったご飯を想像してくださいね~


20130509_1.jpg


はい、これが普通に撮ったお弁当のカタチ。
あまり気にならないかも知れないけど、よくよく見てみると、
手前のおかずが入った側はコッチ側を向いていて、
奥にあるご飯は、少しだけアッチ側を向いているように見えませんか?


iPhoneのカメラをズーム設定をせずにそのまま撮ると、
こんな感じに、手前と奥に倒れて写るんです。
これはiPhoneに限らず、デジカメをズームせずに撮っても一緒。


で、次にこれを補正して撮ってみたのがこちら。


20130509_2.jpg


お弁当がまっすぐ上を向いているのが分りますか? ( ・ω・)モニュ?


こうして撮ってあげると、おかずもご飯もどちらもが、
とっても美味しそうに見えるんです♪


で、何をしたかと言うと…


20130509_3.jpg


手前側のおかずが入ったお弁当の手前側下に1円玉を3枚、
それから、奥のご飯が入ったお弁当の奥側下にも1円玉が3枚。
つまり、真横から見ると、どちらも少しだけ内側に倒れているんです。


このテクニック、オレンジページやHanakoなどで、
お料理の乗ったお皿がテーブルいっぱいに広げられたシーンでは、
プロカメラマンもコッソリ使っている方法なんです ( ̄m ̄*)ププッ


なお、何枚のコインを挟めばちょうど良いかは、
お弁当箱のサイズやiPhoneからの距離で変わってしまうので、
ご自分のおうちに試してみてくださいね!


ちょっとしたコツだけど、
おかずやご飯の美味しさがグッと引き立ちますよ ( ̄ー+ ̄)キラン



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
写真のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示